maxresdefault


HAZARD4 (ハザード4) フリーランス freelance ブラック FTO-FLC スモールフォトスリング
HAZARD4 FREELANCEは、一眼レフカメラや大型のミラーレスカメラの運用に最適化されたバッグです。
内部の仕切りやエントリードアに工夫があり、レンズ交換を素早く行える仕様になっています。


IMG_9000

外観上は先日ご紹介したrocket'17に似ていますが、一回り小型。とはいえ、背面のセミハードポーチ、MOLLEシステムのウェビングを備えた広めのポーチは類似しています。ウェビングはロープロファイルで、ベクルロの雌生地になっていますので、パッチなどを貼り付けることもできます。この辺りはrocket'17同様。

ただ、ショルダーベルトのバックルのロックはスライドタイプで、従来仕様です。意味があるのかどうかはわかりません。一般的な問題はほとんどないと思いますけどね。

IMG_9110

そして、freelanceの最大の特徴の一つが、このサイドのアクセスドアです。右サイドのポーチ部分から、ガバッと大きく開くことができ、メインコンパートメントにサイドからアクセスできます。バッグの一番下の相手まで直接アクセスできるのは本当に魅力的です。「長い」plan-b系も、類似の機能を備えてはいますが、実際の使用では長さゆえに制約が出ます。コンパクトなfreelanceは、収納力に制約がある代わりに、アクセス性においては優れています。

IMG_9100

それを支えるのが内部のスペーサー。例によってベルクロ仕様により、内部のライナーに貼り付けて使用するものです。通常の1枚に対し、3枚が付属。そして3枚ともベルクロの仕様が異なっています。これを駆使して内部に仕切りを作ることで、複数のレンズをぶつかり合うことなく携行し、素早く交換することができます。

IMG_9104_blog

バッグの前後の移動はスムーズに行うことができます。背負い状態で使用するサブベルトのバックルを外し、くるりと前に回すと、右のポーチ、バッグドアが左手側に来ます。右手にカメラを抱えている状態でも、ある程度スムーズに作業できるよう設計されています。このためもあり、freelanceは左側面にはポーチを持っていません。コンセプトにシビアな感じ、個人的にはいい感じです。

IMG_8989

もう一つの違いとして、ショルダーベルトの下部分の処理があります。比較的「長い」plan-b'17と違い、freelanceは短いので、ウエスト部分に張り出しが存在します。このため腰の部分にもMOLLEウェエビングが装備され、必要があればここにポーチ類を収納することも可能。ただ、あまり大きなポーチをつけると、せっかくのサイドアクセス機能を台無しにしてしまうかもしれません。

バッグを前後に簡単に回すことができ、サイドからアクセスできる機能は、カメラマンだけでなく、一般ユーザーにも便利かと。タブレットや書籍など、普段の重要度は低いが電車内でさっと取り出したいアイテムなどは、サイドドアから取り出せる位置にあれば非常にスマートです。また電車内ではバックパックを背負ったままにしないのがマナーとされる場合もあるので、そのような場合もスムーズに切り替えることができるわけです。

IMG_8986

本格派カメラマンのカメラバッグとして考えると、かなり本気度の高いバッグで、カメラ&レンズ以外の携行品がほとんど持てないのではと思うようなサイズ感ですが、アーバンユースなら問題ないかと思います。書類を携行する必要がないビジネスマンなら通勤にもイケるかな。自転車で駅まで走るときは背負っておき、改札をくぐったらスマートに前に・・・というのはなかなかカッコ良いと思いますよ。斜めがけバッグはやや子供っぽさが出ますが、HAZARD4の極太ショルダーベルトならその心配もないかと。特にフリーランスはタクティカルすぎない雰囲気なのでおすすめです。


HAZARD4 (ハザード4) フリーランス freelance ブラック FTO-FLC スモールフォトスリング