MAIN

NITECORE(ナイトコア) SRT9 CREE XHP50搭載2150ルーメン18650×2 フラッシュライト

NITECOREの新製品をご紹介したいと思います。スマートリングを備えた、SRT9です。

IMG_8450

再入荷した今年の最新モデル、SRT7GTと機能性は同様。SRTシリーズの特徴、スマートリングを回すことで、シームレスに調光でき、ストロボやUV、RED、GREEN、BLUEなどの諸機能を切り替えることができます。現在存在する調光方式の中では、最もわかりやすいものの一つかと思います。

スマートリングの回転の中ほどにある、スタンバイポジション(消灯状態)から、右へリングを回していくと、徐々に明るさが増していきます。変化はシームレスで、対数的。つまり感覚的には直線的な変化に感じます。光量が最大になったところでクリックするポジションがあり、そこを超えてさらに回すとタクティカルストロボ。普通の使途であれば、シームレス調光の範囲内をよく使うことになるかと。

スタンバイポジションから、逆に左のほうへリングを回していくと、UV、RED、GREEN、BLUEの各モードへ。さらに回すと、REDとBLUEのフラッシュモードなのですが、お客さんに
「左に回していくと・・・UV、R、G、B、そしてアメリカのお巡りさんごっこができます。」
とやるときっちりウケる、落ちのようなポジションです。さらに左へまわすとロケーションビーコン。この辺りは使う人・・・いるんですかね。

照射

サブLEDの照射はお世辞にも綺麗ではありません。が、使えないわけでもありません。UV、RGB各色を必要とするのであれば、その機能は果たせるかと思います。

紫外線照射

毎回面白いと思うのが紫外線の照射。全体的な光量はRGBに及びませんが、蛍光塗料を含む部分はこうして他よりも強く反応します。NITECOREのパッケージの白い部分は蛍光印刷だということがわかりました(笑。Yシャツにも蛍光染色のものがあり、光ったりもしますね。最近はあまり見かけないかな。

IMG_8440

ついでですが、LOWをきっちりと絞れるのもこのライトの良さ。RGBと同じ設定でこの暗さです。

IMG_8432

メインLEDはXHP50。最近搭載が増えているLEDです。公称2150ルーメン。もうこのくらいのカタログスペックでは驚きがないものの、実際に照射してみるとさすがに明るいですね。ごく至近距離ではリフレクターにあるサブLEDの影響もありますが、20センチも離せば全く気になりません。よくできたリフレクターです。

IMG_8434

1000ルーメン、XP-L HIのSRT7がこのような感じ。中心照度は明るいものの、全体的な明るさではやはりSRT9が上。光量を絞っても配光そのものは変わりません。低照度での使い勝手はXP-L HIよりも発光面積の大きなLEDのほうが自然かもしれません。

IMG_8443

SRT7GTとSRT9の最大の違いは電池の搭載数。SRT9は2本を並列に搭載しています。電気的には直列ですけどね。この独特の構造は賛否がありますが、1000ルーメンオーバーのクラスになると電池が苦しくなるのは事実なので、電池の本数は多いに越したことはありません。
また、放熱にも有利。ダイキャスト製のボディは放熱に優れており、高出力のモードでもボディの加熱は緩やか。ヘッドの放熱フィンも効いているかと思います。

IMG_8388

やや難しいのがテールキャップのロック。フラッシュライトでは初めて見る構造です。つい、このプッシュボタンを押しつつ引っ張りたくなりますが、このプッシュボタンはボディ側の部品。ボディを握っている側の手でプッシュボタンを押し、テールキャップはそのまま引く、というのが正解。

逆に装着する場合にも、まずプッシュボタンを引っ込ませておいてから、テールキャップを押し込む必要があります。シールしているゴムの硬さに負けないように押す必要がありますので、結構力がいります。

IMG_8396

ある程度ロックがハマったら、こんな感じで両手で押すほうがいいですね。カチャッという音が左右共にするか、あるいは目視で左右ともにロックボタンが飛び出していることを確認してください。

IMG_8410

片ロックの状態。この状態でも、構造上点灯してしまいます。このままでも使用はできますが、防水防塵性能は落ち、部品の片摩耗や破損につながる可能性もあるので、よく確認した方が良いでしょう。

IMG_8451

このテールキャップにした最大の理由は、テールスイッチを搭載したかったからではと思います。サイドスイッチは人気の高い方式ですが、コアなファンには物足りないのも事実。SRT9のような高性能機の場合、テールスイッチが必要だったのかと。スイッチはフォワードクリッキー。本格的なタクティカルライトの操作が可能です。

LEDの進化により、数千ルーメンクラスのライトがゴロゴロする時代になりました。電池2本で電気的・放熱上の余裕があって、操作性は抜群。いざという時は2150ルーメンのハイパワー。悪くない高機能ライトかと思います。

NITECORE(ナイトコア) SRT9 CREE XHP50搭載2150ルーメン18650×2 フラッシュライト