main


NITECORE (ナイトコア) R25 充電式 LEDライト 専用チャージャードック付

IMG_8236

今週のタイムセールはNITECORE R25。充電機能を備えたタクティカルライトです。
NITECOREにはR25以前に、テールキャップにメインスイッチとモードスイッチの両方を備えたP20というモデルがありました。そのLEDをより高効率なXP-L HIに変更、さらに充電機能を付加したのがR25になります。

IMGP3676

充電機能なんかいらん、という風潮はつい数年前までありました。今もそういう方は少なくなく、また一理あるのですが、マニア以外のユーザーの場合、電池の管理も含めたトータルでのイージーさが評価されるのも事実。法人をはじめとする業務使用のお客様は、充電機能付きを選択するケースが増えています。

充電機能でメジャーなのはマイクロUSBによるものですが、マイクロUSBポートは差込がシビアでやや耐久性に劣る部分が多いのも事実ではあります。R25やSTREAMLIGHT式の接点タイプは、磨耗に強く、乱暴な扱いをしても壊れにくい点では軍配が上がります。防水シールもしやすく、心理的な部分も含めてUSBタイプよりも優れていると感じます。

IMGP3681

もう一つ特徴的なのがこのテールキャップ。先代P20から採用されているシステムです。メインスイッチは通常のクリックスイッチですが、もう一つのスイッチはモード変更とストロボに使用します。点灯中にプッシュすればモードが変わり、点灯中・消灯中を問わず長押しでストロボが発動。このモードスイッチだけを使用すれば、ストロボオンリーかつモメンタリスイッチの純粋なタクティカルライトとしての使用が可能です。他機種と比較しても他にない、ストロボ優先のライトです。それでいてHigh-Low-Medの3種類の明るさを選択可能。さらに慣れてくれば、3モード+ストロボ、HIGHオンリー+ストロボなど、好みに合わせてモードグループを変更することもできます。

IMG_8253

カタログスペックに現れない特徴の一つが、SUREFIRE 6P / 6PXとの互換性です。やや全長は長いものの、ヘッド直径やボディ直径が同じ。さすがにボディそのものの互換性はないものの、アクセサリ類はかなり共用できます。

IMG_8250

ジャストフィットは拡散玉・拡散キャップ。実に気持ちの良いハマりっぷりです。XP-L HIを搭載したスポットの強いモデルですが、御構い無しに拡散してくれます。

IMG_8245

SKMのフックは装着時少し硬いですが、はめてしまえば高いフィット感があります。R25やサイドスイッチモデルなど、操作の方向性があるアイテムはこういったアクセサリを使用することでグッと使いやすくなります。

IMG_8243

THYRM SWITCHBACK LARGEも使用可能。最近、微妙に太めのテールキャップが増えており、適合機種が減っている気がします。そもそも、テールスイッチタイプが少ないという・・・。クリス・コスタのハンドガンテクニックには使用が難しいかな。スイッチガードがあるため、指の背で押す、というのは非常にシビアです。スイッチガードがモードボタンのレバー軸を支える構造なので、設計上やむを得ないかと。普通にグリップする場合でも、滑り止め・指かけとしては十分機能します。ハンドリング性は間違いなく向上。

IMG_8239

SKMカイダックホルスターは6PX用がジャストフィット。造形の違いはありますけどね。実用上問題は全くありません。SWITCHBACKを装着したままホルスターに挿す場合にのみ、クリップが干渉します。左右の隙間に逃がすか、クリップをホルスターに乗り上げてしまえば大丈夫です。

IMGP3694

ワイド&スポットな配光もSUREFIREライク。旧6PL、現行も含めて6PXに似た配光です。広い周辺光の中心に、どん!と細めのスポットが現れます。ただし、XP-L HIを搭載するR25のスポットは一回り強力です。

P20自体が、「正面から6PXのパイを奪いにきたな」と感じる意欲作でした。基本設計を踏襲しているR25も同等のコンセプトを引き継いでいます。全体的にバランスが良いサイズで、性能も無理なくほどよく、充電器&充電池付属でお買い得という、優等生。高性能な小型ライトが多く出ている今、EDCするには少し大きい部類になりかもしれませんが、業務や据え置きで使うのであれば十分以上にコンパクトなライトです。今回のタイムセールで是非お試しください。

NITECORE (ナイトコア) R25 充電式 LEDライト 専用チャージャードック付