_IMG_9779


JETBEAM(ジェットビーム) E01R 充電式単四電池1本使用 LEDライト

JETBEAM E01Rのご紹介です。人気の高い単四電池1本クラスの小さなボディに、マイクロUSB充電機能とサイドスイッチを備えた意欲的なライトです。

これで、JETBEAMの単四ライトは、スイッチ違いで3種類を揃えることになりました。
_IMG_9993のコピー

左から、ヘッドパーツのツイストがスイッチになるJET-U(135ルーメン)、今回紹介したサイドスイッチのE01R(138ルーメン)、テールスイッチタイプのSE-A01(130ルーメン)。一つのメーカーで、同レベルの明るさの単四ライトを3種類も揃えるのは珍しいかな。直径はほぼ同じですが、スイッチの仕様の違いを反映して長さに差が出ます。

IMG_9999 2

オプティクスは共通、かと思われます。搭載LEDもXP-G2と共通なので配光も同一。ちなみに、後日紹介予定のE10RはXP-L HI&リフレクターなので、やや趣が異なります。同じシリーズでも仕様を変えてくるのがJETBEAMですね。

IMG_0003

左からJET-U、E01R、SE-A01、配光はよく似ています。HIGH、MED、LOWの明るさもそれぞれ微妙に違うものの、実用上は同じレベルで揃えられているので、基本的には単純にスイッチのお好みでお選びいただける3機種です。

とは言え、E01Rに特有なのが充電機能。他の2機種にはない機能です。
_IMG_9786

マイクロUSBケーブルを使用して、手軽に充電できます。充電中は赤のインジケーターが点灯、満充電になれば消灯します。パソコンなどのUSBポートから充電する場合、1時間もかからずに充電できるかと思います。電池が小さいですからね。

ヘッドパーツを外して充電するのはちょっと手間?と最初は思いましたが、ポイントは充電器を別に用意する必要がないこと。職場や旅行先で手軽に充電できるのは心強いかと思います。また、充電池を添えてプレゼントすれば、余計な付属品を購入する必要もなく、ランニングコストもほとんどかからずに使えるので喜ばれるかもしれません。

_IMG_0014

最近のジェットビームは、小型のライトにもダブルクリップを採用することが多いようです。E01Rの場合もこうして帽子のつばにつけても無理のない、余裕のあるクリップです。ポケットに挿すときはベゼルダウン、帽子などにつけるときは逆方向と、挿し方を変えられるのは嬉しいポイントです。

_IMG_9772

ヘッド径が小さいので、このクラスのライトの照射はあまり大きな差が出ません。それでも、TIRタイプの方がリフレクタータイプよりもやや中心が明るく、そのぶん周辺が暗めに感じられるかと思います。
いずれにせよ、手元・足元には最適な配光。眩しすぎず、十分な明るさでそれなりに広く照らします。

_IMG_9775

奥の棚まで5m弱。すごく明るい!というわけではありませんが、歩行やもの探しには不満が出ない明るさ。指先サイズのライトとしては十分ではないでしょうか。

操作もシンプルで、クリックで点灯と調光、長押しで消灯。マニアの皆様なら一度は手に取ったことがあるタイプの操作性かと思います。このサイズのライトにタクティカル性を求めても意味は薄いですし、十分かと思います。

明るさや機能性はすぐに見慣れてしまうので、すごい新製品という感じではありません。いつものように、JETBEAMの小型機は大きな不満なく、質も良く、安心して購入できるアイテムかと思います。ただ、地味に全体的なレベルは上がり続けていますね・・。10年ほど前は、130ルーメン/1時間というのはCR123A電池機種のスペックのレベルだったわけです。それを思えば驚きもありますね。

在庫がある限り、もしくは6/23までのセール中です。ぜひ商品ページをチェックしてみてください。

JETBEAM(ジェットビーム) E01R 充電式単四電池1本使用 LEDライト