main


BIGBLUE (ビックブルー) AL450 W M GL 単四電池3本使用 LED 水中ライト ハンズフリーグローブ付き

すでにマリンスポーツのシーズンは佳境に入りつつあります。プロ野球の交流戦も始まり、梅雨入りももうすぐ・・・いよいよ夏の雰囲気が漂ってきていますね。そんな雰囲気にのっかりまして、本格派の水中ライトAL-450WM GLを大セール価格でご案内いたします。

IMG_8095

AL-450WM GLは、水中ライトで有名なBIG BLUEのライト。水深100m防水の本格派です。一般的な防水表記IPは、防塵性能と防水性能を合わせた表記方法になります。この業界で有名なIPX8は、停止した水に静かに沈め、浸水がないことを意味します。その深さと持続時間はメーカー側が独自に設定できる規格です。
一般に、中国系のブランドでは、IPX8が一般的。深さは1.5〜2m、持続時間は30分〜2時間が通常でしょうか。いわゆる日常生活防水(IPX3またはIPX4)に比べれば、全体的により高い防水性を意味しますが、あくまでも一時的な沈水に耐えるということ。水中業務では使用できません。ここが防水ライトと水中ライトの大きな違いとなります。

IMG_8100

そのため防水に対する配慮が各所に見られます。まず、開口部はヘッドとボディをつなぐこの1箇所のみ。そして極太のOリングが2本使用され、絶対に浸水させないという決意のほどを感じることができます。念のため、実際に使用される前にはよく埃を落とし、グリスを十分に塗布してご使用ください。
電池はカートリッジ式で単四電池を3本。公称450ルーメン、相応に明るいとは思いますが、表記されている持続時間は「だんだん暗くなりながら」の総時間になっています。水中ライトの場合はギリギリまで引っ張って急に切れると生命にかかわりますので、このような設定のライトが多くなっています。

外部スイッチはなく、ヘッドを締めて点灯、緩めて消灯のシンプル操作。そのためテールやサイドには何もなく、安定してテールスタンドできます。
IMG_8102

AL450WM GLはレンズ式のため、直接光源が目に入りにくく、不快な眩しさは軽減されます。パワーソースが単四なので長時間使用には向きませんが、一時的なランタンがわりとしては優秀かと思います。

al450wmgl-10l

他のラインナップにはないお得な特典として、AL450WM GLにはハンズフリーグローブが付属します。水中で両手が自由になり、撮影や観察の邪魔になりにくい必須アイテムです。

水中ライトなんか縁がないよ、という方も多いとは思うのですが、その防水性の高さや堅牢なボディは魅力。1本くらいいいやつを持っていたい、という方にはオススメ。海だけでなく、川でも活躍できるかと思います。

BIGBLUE (ビックブルー) AL450 W M GL 単四電池3本使用 LED 水中ライト ハンズフリーグローブ付き