PROTACHLX-1
STREAMLIGHT (ストリームライト) 082X PROTAC HL-X プロタック タクティカルライト

アカリセンターのHATTAです。本日はストリームライトの新商品 プロタックHL-Xをご紹介します。プロタックの2セルサイズでは最高の明るさとなる1000ルーメン、しかもデュアルフューエル(CR123乾電池x2本 or 18650充電池1本)仕様。従来のプロタックHLよりも明るく、経済的な充電池が使用できるモデルとなりました。やや幅広のヘッドはそのままにマイナーチェンジを加えた新型です。

PROTACHLX-2
全長:138mm×ヘッド径:37mm×ボディ径:25.4mm 重量:176g (電池含む)

ボディは6000系のアルミ合金を使用。軽量で丈夫なボディは比較的オーソドックスなスタイル。余計な装飾や造形はなく、必要な機能面を重視した無骨なデザインです。ボディ、テールキャップとも滑り止めのローレットが施されており握ったときにしっくり感は如何にもタクティカルライトといった感じです。ボディ径はスタンダードな1インチ(25.4mm)。リングマウント等に取り付けやすいものです。

ヘッドにはアンチロール(転がり防止)を兼ねた放熱フィンがあり効率的に熱を外気へと放出します。テールにはランヤードホールが一つあり、同社のタクティカルストラップ等が装着可能です。

クリップは鋼製でやや長いもの。エンド部分が返しになっており一応ダブルクリップ仕様となっております。深いポケットに差し込んだ時にライトが底まで落ちないよう引っ掛けるのに便利なものです。ベルトやモール等に差込みたいのであれば長いクリップ長を活かして確りと留めることが出来ます。クリップは把持部に行くに従って緩いカーブを描いており、握ったときにグリップが邪魔になることはありません。クリップ自体はネジ留めされておりますのでご不要な方は折る前に外してしまったほうが良いかと思います。

PROTACHLX-3
サイズ的にはSUREFIRE FURY P2Xと同じ程度。確りと握ると放熱部分に指が掛かるので1000ルーメンでの連続点灯は避けたほうがいいでしょう。Hiモードは短時間または間欠点灯重視で。

PROTACHLX-5
使用電池はCR123乾電池2本または18650形充電池1本。それ以外の充電池は使用できません。
どちらを使用しても明るさに違いはありませんが、点灯時間は18650が勝ります。
PROTACHLX-8
メーカーのファクトシートを見ると1000ルーメンの連続点灯は出来ないようです。やはりこのサイズで18650充電池1本では間欠点灯のみで1000ルーメンは発揮されます。LEDが優れている点は電圧がある程度保たれている限り、短時間であれば明るいモードが発揮でき点です。最初から連続点灯を目的としているのであればMedモードの400ルーメンにして使うことをおススメします。こちらの方が発熱を抑え、より効率的な点灯が可能です。

PROTACHLX-4
先行して発売されたPROTAC 2L-Xとの比較。
同じくデュアルフューエルモデルとして先に発売された2L-Xに比べそのヘッド大きさが目立ちます。リフレクターは広く、より深い仕様になっているので中心光の集光性が期待できます。携帯性は落ちますが、より遠方を、より強力な光で照らしたいのならば、リフレクターモデルはその大きさと深さが重要となります。

PROTAC 2L-Xについてはこちらでご紹介しております。

風防レンズは低反射加工されたARコーティングガラス。透明度が高く、光を効率的に前方へと飛ばします。質感が高く見ていて飽きない美しさがありますが、如何せんガラスなので割れる可能性はあります。レンズ面がやや広いので取扱いには注意が必要かと思います。

PROTACHLX-6
専用のナイロンホルスターが付属します。あると便利なおまけです。ベルトループはベルクロによるオープンタイプ。

PROTACHLX-7
鋭い中心光と広くは無いが明るい周辺光。
配光は従来のプロタックHLと殆ど変わりがありません。明るさだけが増した感じです。強いて言えばHLの方が拡散具合が強く、HL-Xの方が集光性が高いように思えます。ヘッドのフェイスキャップのデザインは同じですが、リフレクターの仕様がHLの方が若干波打ったテクチャー加工がされている為、そのような違いが見受けられます。

使い勝手としてはリフレクターモデルのタクティカルライトとしては非常にオーソドックス。手前から先まで瞬時に照らすことが出来る照射能力を持ちます。

PROTAC HL-Xはその他のプロタックシリーズ同様にTEN-TAP機能を有します。9回軽くタップし、10回目でホールドするとプログラムが変更されます。HiモードスタートやLowモードスタート、Hiモードオンリーなどユーザーの使い方や状況に合せた変更が可能なので使用の幅も広がります。

ストリームライトの無骨なタクティカルライトは好みが分かれます。単純に性能や機能で言えば他社製品と比べ見劣りするものは一切ありません。余計な機能や変ったスタイルではないので目立たないのもまた事実。ユーザーがどの部分を重視するかでその魅力も変ってくるかと思います。明るく、ランコストに優れた18650形充電池が使える信頼のおけるアメリカンブランドのタクティカルライトとしてはおススメできます。


STREAMLIGHT (ストリームライト) 082X PROTAC HL-X プロタック タクティカルライト