main


NITECORE (ナイトコア) TIP 2017 / TIP 2017 CRI 充電式 LEDキーライト

NITECORE TIPシリーズが少し前に2017モデルになっておりましたのでご案内いたします。

IMG_0003

とは言っても、性能面で何かが変わった訳ではなく、本体の外観上の違いも全くありません。ただ単純にクリップが追加されたものと思われます。クリップを外してしまうとこれと言った違いがなく、見分けるのは非常に困難になります。

IMG_0006

TIP 2017は薄い箱型のボディで、そのままポケットに放り込んでも全く気になりません。サイズ感としては単四電池機種2本分という感じでしょうか。長さで言えば一般的なサイズのものよりは短く、I3Eとはいい勝負、という感じ。クリップを除くと、薄さはTIP / TIP 2017の方が優っています。ボディ後端は頑強なランヤードリングになっていて、キーホルダーとして活用することも可能です。

操作系は同社のEシリーズの赤色灯を無くしたもの。あるいは、ES4シリーズなど大型の機種と類似したものです。メインスイッチでON-OFF、モードスイッチのクリックで順にモードチェンジできます。モードメモリの長押しでターボモードにジャンプできますが、ターボモードでは発熱が早く、ATR機能により内部が一定の温度に達すると自動でOFFになります。あくまでも臨時用、一時使用とお考えください。

IMG_0008

最大の変更点であるクリップ。本体の凹凸を利用してテンションがかかっており、スライドさせていくと所定の位置でストップがかかります。定位置ではUSBポートのダストカバーを兼ねる設計となっているようです。バージョンアップというよりも、本来こういう商品にするつもりだったのかな?と思わせるような形状です。写真のようにスライドしてずらすと、USBポートが露出し充電することができるようになります。

IMG_0020


このクリップにより、ポケットやモールシステムに差し込んでの利用が可能になりました。ヘッドダウンでポケットにさせば、そのまま手元照明となり現場などで書類を見る際には便利。マイクロUSBケーブルでの充電が可能ですので、電池交換の手間もなく毎日使用できるかと思います。

TIP2017の搭載電池は500mAのリチウムイオンバッテリー。個人での交換はできないビルトインタイプです。このことがどう評価されるかはわかりませんが、使用した感じは悪くはありません。毎日の持ち歩きには十分、電池のパワーの低下もない訳ではないのでしょうが、体感できるような違いがすぐに現れるようなものではありません。

IMG_0027

配光は相変わらずの拡散光。リフレクターのサイズも単四電池機種に近く、配光も似た感じに思われます。遠距離は期待できませんが、手元足元では非常に使いやすいものだと思います。このライトのコンパクトなボディには見合う配光です。

TIP CRIの方は、演色性に優れたHI-CRIタイプのニュートラルホワイト。NICHIA 219Bが使用されています。どちらかというと好みの問題のほうが大きいですが、温かみがあり色の再現性が良い光を好む人も増えてきています。TIPをはじめ、LA10などのラインナップを見ても、売れ行きは五分五分に近いかと思います。


TIP 2017はコンパクトで携帯しやすいサイズ・形状ながら、ハイパワー。LOW・MEDも使いやすい明るさで、EDCアイテムとして不満がありません。HA3の表面処理の質感も高く、気負わず持ち歩けるアイテムです。


NITECORE (ナイトコア) TIP 2017 / TIP 2017 CRI 充電式 LEDキーライト