BANDIT0
STREAMLIGHT(ストリームライト) 115 BANDIT バンディット 平面発光コンパクトヘッドライト

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するアイテムは米国ストリームライトの新商品 USB充電式LEDヘッドランプ BANDIT(バンディット)です。搭載光源にCOB(チップオンボード)を使用した同社では初となるヘッドランプです。COBは従来の表面実装タイプと異なり、発光体をヒートシンクに直付けすることで放熱性を高め、電力をより効率的に光へと変換することが出来るLEDです。ただ、光源の輝度が落ちるので遠方への照射をするには従来よりも巨大な光学レンズ等を搭載しなければなりません。その為、ヘッドライトなどのモバイル電源を使用するモデルでは近距離に特化した仕様になっております。こちらのBANDITも遠方を照らすことよりも近距離でのワイドな配光を重視したものに仕上がっております。

上記の写真のように超広角に光が広がり、まるで室内照明下で作業しているような自然な視野が得られるのが最大の特徴です。

BANDIT1
充電はマイクロUSBケーブルを使用。
付属する汎用のマイクロUSBケーブルにて充電が可能。ボディ底面にポートがあり、直接ケーブルを挿して充電を行います。内蔵充電池はリチウムポリマー充電池。非常にコンパクトなボディになりますので充電池も小さく短時間に充電が可能です。反面、ランタイムはさほど長時間にはなりません。2段階調光が可能でHiモード180ルーメンで2時間、Lowモード35ルーメンで9.5時間となります。必ずLowモードから点灯します。近距離照射を目的としたライトになりますので理にかなったモード設定かと思います。

BANDIT2
ライトユニットは全長69 mmとかなりコンパクト。このサイズでしかも全樹脂ボディながらHiモード180ルーメンでも殆ど熱を持ちません。COBの威力を感じる瞬間です。携帯性に優れ、薄いボディは頭部に装着しても殆ど重さを感じることはありません。また、外側への出っ張りが少ないので狭い場所、例えば屋根裏やダクトなどの狭所作業でも活躍が期待できます。

BANDIT6
バンディットには上下の照射角を調整するためのチルト機能がありません。しかし、その必要が無いほどこのヘッドランプの照射は広角です。視界の全てが照らされ暗所となる死角がありません。光源であるCOBは住宅や施設のLED証明としても活用されているものです。こういった照明は「対象を照らす」のはなく「空間を照らす」ものです。このヘッドランプは正に空間を照らしている感じです。近距離では明るさに強弱が無く非常に見やすい配光となります。手元をハンズフリーで作業するヘッドライトとしては理想的な光源といえるかも知れません。

なお、付属品としてチルト角が調整できるクリップ型のアダプターも付属します。ヘッドバンドをライトユニットから外してアダプターに付替えることでキャップのツバやハーネス等にも付けられます。

BANDIT8
Hiモード180ルーメンはかなり明るいです。中心光が無いので配光は非常にフラットで見やすいものです。ただ、先に申し上げたとおり遠くを照らすことは全く出来ません。使用する環境や用途を検討されることをおススメします。

BANDIT7
COBは眩しくない!?
明るさの割りに輝度(まぶしさ)が低いCOBはヘッドライトを付けたユーザー同士のコミュニケーションを格段に向上させます。明るいヘッドライトを点灯させた状態でお互い近くで話合うと非常に眩しく気分の良いものではありません。明るく、光学レンズ等で絞られたものをつけていれば尚更かと思います。しかし、COBは遠くに光が飛びません、つまり輝度が低いことになります。こうして正面から撮影してもあまり眩しさを感じませんでした。これは実際の作業現場では非常に優れた性能の一つかと思います。プロフェッショナルユーザーをターゲットとした実にストリームライトらしいヘッドランプだと思いました。

STREAMLIGHT(ストリームライト) 115 BANDIT バンディット 平面発光コンパクトヘッドライト