2AADUALY-1
STREAMLIGHT(ストリームライト) 110 AA ProPolymer Dualie デュアリー LEDライト

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するライトは米国ストリームライト社の防爆ライト「デュアリー 2AA」です。単三電池2本使用のデュアリーシリーズの新型です。防爆認証はUL(米国防爆認証)仕様。IEC ATEX仕様のデュアリー2AAはまだ入荷しておりません。近日入荷の予定とのことです。先に入荷しましたULモデルよりご紹介致します。

2AADUALY-6
デュアリーシリーズは2つの光源を備えたモデルです。既に販売されている3AA(単三電池3本使用)の兄弟機となり、明るさやランタイムは落ちますがそのままの性能をスケールダウンした携帯性に優れたモデルに仕上がっております。

明るさは前方、側面ともに115ルーメン。同時使用で170ルーメンとなります。電圧の関係上230ルーメンにはならないそうです。2AAモデルとしては並な明るさですが、防爆でしかもフル樹脂ボディでこの明るさは進化を感じます。

2AADUALY-8
2つある光源はそれぞれ配光がことなり、前方を照らすLEDは集光タイプ、ヘッドの側面にある光源はリフレクターのないワイド拡散光となります。少々離れたところを照らすときは前面のスポットを使い、近距離ではサイドのワイドを使うなど場面に合わせた使い分けが出来ます。もちろん両方とも点灯させ、足元の安全を確保しながらその先を照らすことも出来ます。

2AADUALY-4
スイッチは前照灯、側面灯ともに別々に設けられており、片手で操作するときも親指と人差指を使って操作が可能です。ボディの全長は155mmと短くコンパクト。さほど気にするほどではありませんが、手の大きな他人ではこのスイッチ操作が少し窮屈に感じられるかも知れません。

なによりスリムなボディは携帯性に優れます。ボディ径は20mmしかなく胸ポケットにも収まるサイズです。着脱可能なスチールクリップは前にも後ろにも装着が可能。ライトを携帯する部位に合せて付け変えられます。

2AADUALY-2
ヘッドの着脱は簡単、一捻りでヘッドの着脱が可能です。またヘッドからモジュールが脱落することもありません。おそらくヘッドはASSY化されているものと思います。
単三電池はヘッドを外して行います。UL防爆モデルなのでネジ等でのロック機能はありません。

2AADUALY-3
デュアリー2AAはヘッド全体がゴムで覆われております。箱を開けたときに「スコーピオン」と同じ「タイヤの匂い」がしました(笑)。放熱度外視の仕様ですが、それだけ熱を出ない明るさとなっております。LEDの黎明期であればすぐに熱くなってしまったであろう115ルーメンも今では余裕で連続点灯できるほど高効率化し、持てなくなるよな熱をライトが帯びることはありません。また、ゴムで覆われているので落下時の衝撃緩和及び落下対象の傷防止など様々なメリットを持ちます。車の整備関係で使われている方にとってこのバンパーゴムは大変重宝されるものかと思います。

2AADUALY-5
テール部分にはマグネットを装備
テールにマグネットが付いているのでスチール製のラックやボンネットなどに貼り付けて使うことが出来ます。EDC(Every Day Carry)関係のライトが好きな方には若干不人気なマグネットですが、こういった「働くライト」ではまだまだ人気があるように思えます。ハンズフリーでの作業に使えて便利ですね。

2AADUALY-7
中心光は明るくスポットな配光。
周辺光もそれなりにありますが、やはり中心光の明るさが目立ちます。サイドの拡散光源があるので前照灯はスポットに割り切った感が伺えます。少なくとも全樹脂ボディの2AA防爆ライトでこれだけ明るいモデルも少ないかと思います。サイドライトのない2AA PROPOLYMAER HAZ-LOの65ルーメンよりは明るく感じました。まぁ、その分お値段もデュアリーの方が高いですけどね。

単三電池2本という使い勝手の良さは防爆ライトの中でも人気のジャンルです。スリムで携帯性がよく、充分に明るいものです。軽いので携帯部位や装着部位に幅が広がるのも魅力の一つ。工場での個人携帯用ライトとしてはもちろん、出張などでライトを持ち出す方にもおススメのモデルです。

UL防爆モデルはイエローとブラックの2タイプがあります。

STREAMLIGHT(ストリームライト) 110 AA ProPolymer Dualie デュアリー LEDライト