TUHP-1
TORCH UPGRADES (トーチアップグレード) MAGLITE HI POWER CONVERSION 3-6CELL 3D-6D 単一電池3-6本用 LEDモジュール 800ルーメン

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するアイテムはイギリス発のカスタムモジュールメーカー 「トーチアップグレード」の新商品になります。品切れしておりました同ブランドのアイテムも入荷しておりますので最後にご案内させていただきます。
TUHP-2
さて、今回ご紹介するアイテムは単一電池3、4、5、6本用の電球用デカマグライトのハイパワーLEDモジュールです。従来の様に2D/2Cまたは3-6C(単二電池仕様)に対応するものではありません。単一モデルのしかも3〜6本限定となります。3-6D限定である理由は必要な明るさを発揮する為の電圧の関係もありますが、これまでの「差し替え型」とは異なり、「リフレクター一体型」のモデルだからです。つまり、単一サイズのヘッド径に合せて作られているので単2型使用には物理的に入らないのです。

TUHP-3
モジュールはアルミ合金から削りだされたボディとスムースリフレクターを装備したもの。なかなか迫力のあるモジュールでズッシリトした重みがあります。放熱を促すフィンなどハイパワーを出すに相応しい造形になっております。搭載LEDはCREE社のXM-L2と思われます。明るさはシングルアウトプットで最大800ルーメンです。マグライト純正の第三世代のLEDモデルを凌駕する明るさを発揮します。

TUHP-4
取り付けについて。
まず、ヘッドベゼルを外します。次にオリジナルで付く樹脂製のリフレクターと電球(バルブ)、リテーナーリング(カラー)を外します。これらは使用しません。オリジナルで使用するパーツはベゼルとOリングと風防レンズのみです。風防レンズの内側にこのLEDモジュールを入れてヘッドにねじ込んで行きます。工具は使わずに簡単に交換が可能です。

TUGP-8
装着するとこんな感じ。
これまでの「差し替え型」と大きく異なる点は「フォーカス」が出来ないこと。ヘッドを締めこんでモジュールの接点を取っているので緩めると消灯してしまいます。構造上どうにもなりません。このLEDモジュールに交換するとワイド、スポットの切替が出来なくなります。

TUHP-7
ギャップが発生します。
細かい話ですが、純正品ではない為か、ヘッドとベゼルの間に隙間が発生します。ヘッド側のOリングをベゼルが越えているので防水性に関しては全く問題ありませんが、少々不恰好ではあります。使用上の問題は無いのでご安心下さい。

TUHP-5
Dセルマグライトはそもそもリフレクターが広く、深いものですが、こちらのLEDモジュールも搭載LEDと最適化されたリフレクターが使用されております。鋭い中心光とワイドな周辺光が同時に得られます。ただ、中心光がかなり明るいので周辺光との明るさの差異が目立ちます。近距離では少し見難くなることもあるかもしれません。

TUHP-6
手前から奥まで明るく照らす
非常に素直で美しい配光です。XM-L系を使用したLEDライトが少し減ってしまったのでちょっと懐かしく思いました。中心光は極端に狭くなく、ワイドな周辺光が得られるのでとても見やすいです。少なくとも電球モデルでは到底出し得ない明るさとクリアな配光が手に入ります。

TU-7
光軸の可視化
リフレクターが大きく流石といった感じの太い光軸が見られます。非常に計算されたもので電球モデルで見受けられるようなダークリングやスポットはありません。マグライトをLED化するにあたって候補の一つとしてご検討いただきたいモジュールの一つです。旧型の電球モデルのマグライトを超明るくする魅力的なアイテムです。

TORCH UPGRADES (トーチアップグレード) MAGLITE HI POWER CONVERSION 3-6CELL 3D-6D 単一電池3-6本用 LEDモジュール 800ルーメン

このモデルの他に下記のアイテムが入荷しました。併せてご検討お願い致します。
TORCH UPGRADES (トーチアップグレード) MAGLITE BIPIN LEDモジュール

TORCH UPGRADES (トーチアップグレード) MINI MAGLITE 2AA 単三電池2本用 LEDモジュール