IH3-1
LED LENSER (レッドレンザー) iH3 500770 単四×3本使用 フォーカス搭載ヘッドランプ

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するアイテムはLED LENSERのインダストリーシリーズiH3 LEDヘッドランプです。旧型H7のリメイクモデルと言った感じです。カラーリングはインダストリーシリーズを象徴するイエロー/ブラックの警告色。鮮やかな黄色が印象的なシリーズです。
IH3-2
バッテリーボックスは後頭部にあるセパレート式。ライトユニットは小型で軽量。ミニマムなデザインながらギミックに富んだフォーカスレンズを搭載。前後にスライドさせることでワイド、スポットの切替が素早く行えます。単四電池3本使用。決して大容量でパワフルな電池ではないのでハイルーメンは期待できませんが、明るさを抑えたなりの性能を発揮します。

IH3-3
バッテリーボックスには左右に振れるレバーが付いております。こちらが調光レバー。動きはスムーズですが筐体自体が軽いので調光する際はバッテリーボックスを押さえながら動かした方がベターです。

IH3-4
フォーカスを司るレバーはライトユニットの下部にあります。小さなレバーなので最初は操作し難く感じますが慣れれば問題ありません。厚手のグローブをしているとちょっと難しいです。チルト機能はもちろんあり、ほぼ真下を照らすことも可能です。ライトユニットの銀色の部分はアルミ合金。この部分で放熱も行います。電池込みで約133gと比較的軽量。前後にウェイトが分かれるので装着時のバランスは良好です。

IH3-5
最スポットに絞ると結構飛びます。iH3は最大で120ルーメン 昨今の明るいヘッドライトと比べると見劣りしてしまいますがルーメンの割には充分に飛んでいると思います。

IH3-6
やはりワイドのフラットな配光がLED LENSERらしくて良いですね。本当に見やすいと思います。この配光に感動してLED LENSERのファンになったユーザーは少なくないと思います。

ワイドにもスポットにも対応するヘッドライトは今や珍しくも無いですが、その先駆者的なメーカーがLED LENSERです。iH3の光源となるLEDはかなり小さめです。明るさはさほど出ませんが実用性では全く問題のないものです。価格面で優れたモデルなのである程度まとまった数が必要な現場では重宝されるモデルかと思います。

LED LENSER (レッドレンザー) iH3 500770 単四×3本使用 フォーカス搭載ヘッドランプ