H2TMOD-1
H2T SUREFIRE KX9T(M3LT / M6LT) LED載替カスタムプラン

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するのはライト本体ではなく、加工サービスのご提案です。弊社で販売しておりますSUREFIRE関連のカスタムパーツを製作するH2Tによる加工サービスです。第一弾としてご案内しますのがSUREFIREのLEDモデルM3LT及びM6LTを現状出しえる最高の明るさが出来るようリファインするカスタムプランです。

SUREFIREのM3LT及びM6LTは既に廃盤しておりますアイテムです。シュアファイアを代表するミレニアムシリーズのLEDモデルとして人気を誇ってきたモデルですが、LEDの革新的な進歩やトレンドの変化に伴ってミレニアムシリーズはその姿を消しました。LEDモデルよりも以前のキセノンモデルであれば、H2Tのような社外品メーカーの「LEDモジュール」により最新化することが出来ますが、後から出てきたはずのLEDモデルはヘッドとボディが強力なネジロックよって固定されておりそれさえ叶わないモデルでした。
H2TMOD-6
LED素子自体はこの数年の間に進化をし続け、いつしかミレニアムシリーズの出しえる明るさは陳腐なものになってしまいました。当時最強と謳われたM6Tでさえ、最終モデルは900ルーメンでした。900ルーメン自体は明るさとしては非常に明るいものになりますが、昨今はさほどインパクトのあるものとは言えなくなってしまいました。たくさんのCR123乾電池を利用してまで使うにはあまりにもハイコストに感じるものになってしまったのです。

しかし!ライトそのものの造りや光学レンズの性能は決して今でも劣るものではありません。むしろ、今や作られることの無い贅沢な造りといっても過言ではありません。最新モデルに明るさ以外何ら退けを感じるものではありません。ならば、LEDとそれを駆動させるためのコンバータを最新のモノに変えてみてはいかがでしょうか?と言うのが今回のプランの詳細です。

前置きが長くなりましたが、要するに明るくして復活させようぜ!ということです。

H2TMOD-3
カスタムプランになりますのでお客様よりお品物をお預かりしてからの作業となります。具体的にはヘッドとボディを分解し、内部のLEDとコンバータを新しいモノに変えます。M3LTであればCREE社のXHP50、M6LTであればCREE社のXHP70へ換装されます。それらのLEDを最大限その性能を発揮させる為のコンバータはM3LTが3.0A 、M6LTは4.8Aが組み込まれます。フルドライブに近い限界ギリギリの仕様。SUREFIREのように堅いメーカーでは絶対に設定しえないチューニング内容です。

H2TMOD-2
M6LTに関してはIMR18650 x 2本用のオリジナルバッテリーカートリッジも存在します。通常CR123乾電池を6本装填して使用するモデルですが、ハイレートで放電可能で大容量の18560形充電池を2本使用することでランコストを飛躍的に抑えることが出来ます。純正品はもちろん、このような既製品も現在は入手し難いため、H2Tのオリジナルとして樹脂切削によって作られたのがこの18650用のバッテリーカートリッジです。LEDライトだけでなく、旧型のキセノンモデルM6でも使用が可能です。

H2TMOD-4
M3LT XHP50 3.0A
搭載LEDがオリジナルよりも少し大きなものになるので光学レンズで集光された中心光はオリジナルよりも少し大きくなります。絞られた感が落ちて屋外での光の飛び感も落ちますが、それ以上に太くなった強力な光軸を目にすることが出来るでしょう。明るさ自体はかなりアップしているのが分かります。

H2TMOD-5
M6LT XHP70 4.8A
こちらもオリジナルよりも大きなLEDになるので中心光は広くなります。XHP50よりもさらに大きなLEDなので中心光軸は広がります。ただLEDを載せ換えるだけでなく、光源の大型化に伴って起こる配光の崩れを抑える一工夫が施されております。その為、オリジナルのような絞られた光軸ではありませんが大口径のスポット光になって周囲の闇を食いつぶして行きます。リフレクタータイプでXHP70を使用したライトとも異なる濃密なスポットが発生します。

改造行為になりますのでデメリットもございます。しかし、それ以上に得られるメリットもあります。H2Tでモディファイしたアイテムについてはその後もカスタム、メンテナンスが受けられます。今後もLEDは明るく、高効率になる一方でしょう。今最新でも5年後にはもっと凄いLEDが登場する可能性があります。その時にお客様がアップグレードを望めばLEDのみを載せ換えることも可能になります。つまり、この先も望めば常にレイテストモデルとして使い続けることが出来るということです。これはとても魅力的なことに感じますがいかがでしょうか?

お品物のお預かりと施工の流れは販売ページにてご紹介しておりますのでご興味のある方はご検討お願い致します。

H2T SUREFIRE KX9T(M3LT / M6LT) LED載替カスタムプラン