GP3-1
NITECORE(ナイトコア) GP3 Go PRO用コンパクトビデオライト

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するライトはNITECOREからリリースされたウェアブルカメラGoPro(ゴープロ)専用の補助照明灯 GP3です。GoProの名前は知らなくて「ヘルメットカメラと言えば、、、」この機材が真っ先に挙げあられることでしょう。ヘルメットだけではなく、販売される多用なアダプターを利用して身体の一部や車体やドローンなどへの搭載が可能です。その優れた画質と強靭かつ優れた防水性はそれまでのウェアブルカメラの歴史を一新する革命的なアイテムになりました。今日、動画サイトにアップされるエクストリームな動画撮影に使用され、誰もが体験的な映像を撮り、そして楽しむことが出来るようになりました。

GP3-2
本製品はこのGoProのアダプターに装着可能な特殊なモデルになります。暗所であっても撮影を可能にする簡易的な補助灯となります。製品はライト本体、GoPro3用充電池AHDBT-302と互換性のある付属充電池、マイクロUSBケーブル、カメラと併設する為のアダプターと留め具が2点付いております。主にカメラとの併設で使用されることを目的としますが、設置箇所自体はユーザーの自由です。

充電池がGoPro用と互換性があるのが嬉しいですね。バッテリーマネージメントが簡単だと思います。

GP3-4
使用光源はCREE社のXP-G2 白色1灯。浅めのスムースリフレクターを装備し、明るさは最大360ルーメ、5段階の調光が可能です。ビデオライトだけあって多段階な設定です。また、前面にスライド式のディフューザー(拡散レンズ)を備えております。親指一本でON/OFFが可能。撮影対象や環境に応じてノーマル、フラッドの切替が可能です。近距離では特にこのディフューザーが効果を発揮します。

GP3-5
全長57mm ×幅25mm ×高さ67mm カメラ本体と比べても極端に大きいわけではなく設置部位での干渉を最大限に抑えます。重量は充電池を含む約82g とかなり軽量。ボディは樹脂製ですが1.5m落下試験をクリアした丈夫なものです。また、IPX8の優れた防水性。風雨の中でも使うことができますし、浅い場所であれば水没も可能です。

スイッチは光源の反対側にあり、長押しで点灯します。点灯後はクリックする毎に明るさが変ります。明るさの変化はUltra-Low、Low、Med、High、Turboの順で、最後に使用した明るさは消灯しても記憶されます。点灯中に長押しすると消灯します。

GP3-3
充電はボディを開いて行います。充電池をライト本体に装填し、付属するマイクロUSBケーブルをライト本体に挿して充電を行います。バッテリーケースの蓋には防水パッキンが設置されており高い防水性が伺えます。

GP3-7
ノーマル ターボ360ルーメン
中心光は明るく割りとスポットが強め。周辺光もありますが中心光重視といった感じの明るさです。少々距離のある場所を照らすことも出来ます。

GP3-8
ディフューザー使用時
中心光は周辺光へと拡散され全体的にフラットは配光になります。近距離でのセルフ撮影の時などはこちらの方が適しております。広角に光が散るのでかなり近い距離からでも対象を広く照らすことが出来ます。


撮影に必要な光量はその環境や距離に応じてかなり異なります。連続点灯では230ルーメンまで明るさが落ちます。比較的近い距離であれば問題ありませんが、この1灯だけで暗闇の全てを照らすことが出来るほどのものではありません。あくまでも撮影の補助灯的な存在ですが暗所での自撮りや、撮影者本人の周囲を程よく照らす目的などでその性能を発揮します。コンパクトかつコストパフォーマンスに優れたモデルです。これからのシーズン、旅行やレジャーでのアクティビティの様子を収めるのにGoProをお使いの方には是非おススメしたい製品です。

NITECORE(ナイトコア) GP3 Go PRO用コンパクトビデオライト