VL30000P-1
BIGBLUE (ビックブルー) VL-30000P MINI 充電式 超広角 水中ライト

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するライトはBIGBLUEの新商品 VL-30000P MINI です。型番のVLはビデオライトの略らしいです。で、その後に続く「三万」の数字!そう、このライトは3万ルーメンの水中ライトになります。3万と聞いてもピンと来ませんね。そんなもの作っていいのか?的な数値のモデルですが、あくまでもコレは水中専用。常に水冷された環境下でなければ使用できないライトです。

VL30000P-2
ビッシリと並んだCREE社のXM-L2の砲列。なんと45灯搭載しております。LEDライトが黎明期の頃に同じようなことを砲弾型LEDでやっている動画を見た記憶がありますが、ノリでいったらそれとあまり変り無いかもしれません。3万ルーメンを45で割ると1灯当たり約666ルーメン。XM-L2であればさほどフイた数値ではありません。とは言え、これだけ密集すると効率はもっと悪いのではないかと思います。新しモノ好きが多いLEDライトマニアの方は「XM-L2なんて古ぅ〜」と思う方も多います。しかし、数の暴力は決して侮れません。

VL30000P-10
消灯時

VL30000P-11
3万ルーメンの照射
目がやられます。照射角が広すぎてライトを自分の身体よりも前に構えないと拡散する光で眩しくて仕方ありません。もちろん、超短時間での照射です。あっという間にボディは加熱しましたのですぐに消灯しました。
どれだけ明るく光るか試したかっただけですが、酷く後悔しました。

VL30000P-3
品名にMINI(ミニ)とありますが、普通の懐中電灯と比べると全くミニ感がありません。あくまでも水中ライトの世界では小さい方だ、と言うことです。全長137.6mm ボディ径100mm 陸上では電池込みで約1700g 、水中では約611gとなります。陸上の約1/3の重さになる水中だからこそ扱える重さのライトですね。

VL30000P-4
テール部分に蓋があり、回して開けます。10cmにも及ぶボディは素手では掴み難く、開け閉めが本当に大変でした。水中ライトなのでぶっといダブルOリングが入っていますから尚のことです。後でよくよく調べたら開け閉め用の棒が付属してました。

VL30000P-8
テール部にある穴に突っ込んで回します、、、もうちょっとスマートな開け閉めは出来ないのだろうか?

VL30000P-5
ボディの中にはこれまた巨大なリチウムイオン充電池が入っております。着脱可能です。これにより航空機への持込が可能になっております。沖縄や海外の海に潜る方には嬉しい仕様かと思います。それにしても、電池が中身の殆どを占めているって言うのは実に水中ライトらしい仕様です。

VL30000P-6
充電池はボディより外して付属のAC/DCアダプターで充電を行います。充電池から生えたケーブルにプラグを差し込んで充電を行います。

VL30000P-7
こちらのライトにはランタンハンドルとボールジョイントアダプターが付属します。水中で携帯したり、カメラハウジングに取り付けるのに役立ちます。

VL30000P-12
10灯付いた赤色LEDも凄まじく明るく、そして広範囲を照らします。赤色LEDが水中ライトに多く積まれているのには理由があります。明るい白色光では魚が逃げてしまうことがあります。魚の修類によっては赤色を感知することが出来ないものいるそうです。そういった魚や水中生物を撮影する際、カメラのピン出しにこの赤色LEDが使われる為です。それにしても明るすぎる気もしますけどね。

VL30000P-13
VL-30000P MINI は水中洞窟での使用の他、レジャー関係のナイトダイビングでライトトラップとしてその効果を発揮します。どのように使われるかと言うと、このライトを海底に置いて水面に向かって照射します。すると、その光に誘われて魚たちが集まってくるそうです。昼間では見れない水中生物の神秘的な姿を宇宙空間のような暗い海の中で見ることが出来ます。なので、各ダイバーが持って潜るようなライトではなく、ガイドが1灯持って潜るようなものになります。価格もその他のモデルよりもかなり高価なものになりますので業務用としてお使いいただくのがベストかと思います。

こちらの製品はお取り寄せ品です。入荷に2週間ほど要しますので予めご了承お願い致します。


BIGBLUE (ビックブルー) VL-30000P MINI 充電式 超広角 水中ライト