3315-1
PELICAN (ペリカン) 3315 IECEx防爆認証 LEDライト

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するライトはPELICAN(ペリカン) 3315 防爆仕様のハンディライトです。先日ご紹介した全身蓄光モデルの3310PLと同じ形状のボディですが、こちらは可燃性の危険物などがある場所で使用可能な防爆仕様のモデルになります。形は同じですが、防爆仕様だけでなく細かな点で違いがあります。その点も含めご紹介したいと思います。

ちなみに「防爆ライト」とは「ライトが爆発しない=丈夫、壊れない」という意味ではありません。ガソリンや化学薬品など引火性のあるものがある場所で使用する電気機器は防爆仕様が義務付けられております。身近なところではガソリンスタンドのタンク内の点検等で必ず使用されるものです。

今回ご紹介するPELICAN 3315は本質安全防爆構造 「ia」があるので最も危険なゼロ種場所での連続使用が可能なモデルになります。

3315-6
ボディの裏面に非常に小さな文字でビッシリと防爆認証に関する記述があります。アメリカ製の防爆ライトはみんなこんな感じですよね。蛍光イエローのボディの上にこの細かさですから目がしょぼしょぼします。

3315-2
ボディは把持部が細くなっており握りやすくなっております。
3310PLはポリカーボネート製ですが、こちらの3315は耐衝撃ABS樹脂になります。それだけの違いなんですが、厳密に素材の違いで何かメリットがあるのか気になるところです。

3315-3
テールキャップ部分にはロック機能があります。これは防爆区域で不用意に乾電池を取り出せないようにする為のロックです。通電させないためのロック機能ではありません。付属するストラップの先端にあるツールで開け閉めが出来ます。マイナスドライバーやBREWZER (ブリュッーザー) ポケットツールなども使えます。

3315-4
リフレクター、及び搭載LEDの仕様は3310PLと同じだと思います。しかし、明るさの設定が異なります。こちらのモデルは160ルーメンのシングルアウトプット。調光や点滅はありません。防爆ライトはその性質上、常時点灯させて使用するライトです。単純に明るさよりもランタイムが重視されます。明るさの推移も突然ガクっと明るさが落ちるタクティカルライトと異なり、緩やかに落ちていく系の物が多いです。そうする必要がマストではありませんが、概ねそのような使用になっているモデルが殆どです。

3315-5
配光は中心が明るく広い周辺光が発生します。3310PLと同じですね。もちろん、中心光、周辺光を含め二つを比べると378ルーメンの3310PLの方が明るく感じます。しかし、中心光の明るさは充分にあり、他社の同様の防爆ライト比較しても遜色ありません。むしろちょっと明るいくらいに感じます。

3315-7
使用電池は単三アルカリ乾電池3本。電池の装填方向はバッテリーケース内に表記されているのでご安心下さい。テールキャップは樹脂ケーブルで本体と繋がっており、紛失し難くなっております。

3315-8
全長156mm 幅40mm 3AAの防爆ライトとしてはかなりコンパクトかと思います。そして必要充分以上に優れた照射能力を持ちます。ランタイムに優れた設定は防爆ライトならではだと思います。この眩い蛍光イエローのボディがいかにもプロっぽいですね。工具箱などに入れて目立つこと請け合いです。操作も簡単なので調光機能が不要な方や、点灯時間を重視される方にもおススメのモデルです。


PELICAN (ペリカン) 3315 IECEx防爆認証 LEDライト