XT1C-1
KLARUS (クラルス) XT1C デュアルスイッチ LED タクティカルライト

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するライトはKLARUS XT1Cの最新モデルです。これまでにも同じ型番の製品はありましたが、デザイン、搭載LED共に大幅な変更が施されております。ボディサイズも従来品より10%以上短くなり、ワンハンドオペレーションのコンシールド(隠し持つ)タクティカルライトになりました。

XT1C-2
スイッチはテール部分にあり逆手で持って操作するものです。最近は順手持ちが多かったので久しぶりな感じです。タクティカルライトはやはり逆手でないと雰囲気でませんよね(笑)。XT1Cを握るとこのように完全にボディは手の平に隠れるほどコンパクトです。従来品が全長99mmだったのに対して本製品は85mmとかなり短くなりました。手の大きな方には少し持ちにくいくらいかも知れません。

XT1C-3
XT1Cの最大の特徴であるスイッチ部。ゴムカバーで覆われた部分がメインスイッチ。その下の半月状のプレートがモード切替兼ストロボ点滅スイッチです。従来品はメインスイッチ部が半押しの間欠点灯が出来ましたが、本製品はそれが出来なくなりました。メインスイッチはあくまでもON/OFFのみのスイッチです。押し込むと点灯、もう一度押し込むと消灯します。点灯後、半月状のプレートを押すたびに調光し、3段階の調光が可能です。

消灯状態で半月状のプレートを押すと有無を言わさずストロボ点滅が作動します。ストロボは押している時だけ作動し、指を放すと消灯します。これだけでもかなりタクティカルですが、XT1Cには消灯時の明るさを記憶するメモリー機能がありません。常に一番明るいHiモードから点灯します。クドイくらいのタクティカルっぷりです。

スイッチの押し感は普通。軽くも重くもありません。ストロボスイッチは少々重いかも知れませんが、長く作動させるものではありませんので気にはなりませんでした。

XT1C-4
ボディカラーは従来品のグレーからブラックに変更。防傷性に優れたタイプ3のミルスペック ハードアノダイズド。ボディの凹凸は放熱性を考慮したもので効率的な放熱を促します。また、名前は違えどいまやどこのメーカーでも搭載しつつあるサーモセンサーによる自動減光システムITSを搭載。

クリップは返しが深く付いたダブルクリップ。ポケットなどに深く刺さり安定した保持が可能です。

XT1C-5
搭載LEDはCREE社のXP-L Hi クールホワイトです。リフレクターは鏡面加工されたスムースリフレターを採用し、集光された閃光を放ちます。従来機のXP-G2より明るいのはもちろん、配光もグッと絞られたものになります。風防レンズはもちろん低反射加工されたガラスレンズが使用されております。

XT1C-6
使用電池はCR123乾電池もしくは16340形リチウム充電池。弊社取扱いの充電池であれば放電レートに優れたIMR16340がおススメです。と言っても充電池がおまけで付いてくるので、とりあえず使うのであれば充電池だけ用意できれば使えます。NITECORE F1 FLEXIBLE POWER BANK 充電器 など如何でしょうか?1本だけ充電するには必要充分な機能を持った充電器です。

XT1C-7
珍しい?かどうか微妙ですが、デュアルスイッチタイプのライトのくせに倒立できます。全長が短いというのもメリットの一つです。テーブル等に置いて天井照射によるバウンス光も得られます。この手のライトにしては珍しいかと、、、まぁ、それだけですけど。

屋外照射をして見ました。

XT1C-8
消灯時 緑がかった水銀灯に照らされる実に雰囲気のある暗い路地裏です。

XT1C-9
XT1C Hiモード点灯(16340使用時) 
1ブロック先の自動販売機の辺りを狙って照らしました。雰囲気を台無しにする明るさと配光です(笑)。
レンズが小さくそれほど深いわけでも無いので遠方照射といった感じではありませんがこのような環境では充分に使えるものかと思います。手前から奥まで一気に照らせるのがリフレクタータイプのライトのメリットです。

XT1C-10
屋内ではちょっと配光が狭く感じるかも。
決して狭くて使い物にならない、何て物ではありませんが、どうしても中心付近に光りが集まるのでルーメンの割には周辺光がさほど明るくありません。まぁ、そういった意図した配光なので致し方ありません。

XT1Cですが、やはり常にHiモードから始まるって言うのが好き嫌いあるかと思います。配光も集光系なので近くで書類などを照らした時の「うっ、、」とくる眩しさは如何ともしがたいです。いわゆる大人し目のEDCライトよりもかなりタクティカルなベクトルを持ったライトであるこは間違いありません。

単セルでしかも即ストロボ点滅が出来る、、、そんなやんちゃなライトもめっきり減りましたのでこれはこれで面白いかと思います。

KLARUS (クラルス) XT1C デュアルスイッチ LED タクティカルライト