WORM4-1
LUMINTOP (ルミントップ) WORM 4.0 アルミボディ LEDキーライト

お世話になっております。アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するライトは可愛らしい単四電池1本使用のキーライトです。製品名にありますカラードとはアルミ合金のボディを使用したライトのこと。表面処理はカラフルな5色展開です。特徴と言うかおまけで付いてくるヘッドの蓄光バンドが目を引きます。なかなか蓄光効果があり、暗所ではほんのり緑色に光ってアピールしてくれます。簡単なアクセサリーですが、暗所での効果はかなりあります。やはりどこにライトを置いたか分かるのは便利ですよね。

WORM4-2
搭載LEDはCREE社のXP-G2 のクールホワイト。他のWORMシリーズと明るさや調光の仕様に違いはありません。ヘッドを締め込むと点灯し、締める緩めるを素早く繰り返すことで調光します。MAX110ルーメン、3段階調光というキーライトあるあるなスペック。さほど目新しさはありませんがキーライトとしては使い易い明るさ設定のライトかと思います。

リフレクターは小さく、浅いもの。表面は細かな凹凸があり拡散系の光りを照射します。近距離の手元、足元を広く照らすことを目的とした配光が得られます。

WORM4-3
WORMシリーズの魅力の一つがボディの美しい造形でしょう。指と指の間で感じられる確かな凹凸はグリップ感も良く、操作性も良好なものです。光りを当てたときの陰影もなかなか味があるものでございます。装着されているクリップは簡単なものですが充分に実用性はあるかと思います。多くを望むには足りない部分もあるかも知れませんが、さほど高価なキーライトではありませんのでその点はご容赦下さい。

WORM4-4
全長:72mm ×ボディ径:14mm ×ヘッド径:14mm
キーライトとしては標準的なサイズ感。鍵束につけてキーライトと使うことはもちろん、クリップを利用してポケットライトとしても使えます。サイズがかなり小さいので紛失されないようご注意下さい。写真のアイテムはレッドですが、結構上品な色合いです。これなら女性でも持ちやすい?

WORM4-5
Medモード32ルーメン。
手元を照らすには110ルーメンは明るすぎます。暗所での作業ではこれくらいがベスト。目立たないよう作業するのは裏方さんが使うライトでは必須の条件となります。キーライトは「ネタ的明るさ」か「実用性」かの二種類に分かれます。比較的趣味性の高いライトになりますとシングルアウトプットだったり、妙に明るいものが多かったりします。そういった意味ではWORM4.0は実用性重視の普通のライトになるかと思います。

WORM4-6
LUMINTOP WORM4.0の魅力はなんと言ってもカラーバリエーションの多さかと思います。同じくらいラインナップがあるものだと弊社取扱いのライトだとOLIGHT I3Eくらいかと思います。明るさに若干の差異はありますが、さほどそこは重要ではないかな?と思います。キーライトはユーザーにとってかなり身近な存在となるライトです。年齢、職業を問わず携帯される可能性の高いものです。WORM4.0は調光が出来るまぁまぁ明るいキーライトです。かなり万人ウケしそうなスペックが如何にもLUMINTOPらしいアイテムかと思います。


LUMINTOP (ルミントップ) WORM 4.0 アルミボディ LEDキーライト