SD4A-1
LUMINTOP (ルミントップ) SD4A 単三電池4本使用 LEDライト

本年最後のご紹介となりますアイテムはLUMINTOP SD4Aです。こちらのライトは単三電池4本使用ながらも全長112mmかなりコンパクトなモデルです。単三電池を3本以上使用するライトですとNTIECORE EA41が人気ですが、EA41よりも短く、そして細くなっております。ヘッドには放熱フィンが確りと施されておりますが、ヘッドからテールまで直径41mmとなっております。

SD4A-4
ヘッドにメインスイッチ、モード切替スイッチの2つを装備するデュアルスイッチ方式。メインを押してON/OFF、点灯後にモード切替を押すと調光サイクルします。任意の明るさでメインスイッチを切ると次回点灯時は消灯時の明るさで再点灯します。スイッチは比較的大きく押しやすいサイズです。スイッチカバーも凸感が充分にあり、グローブ等を嵌めていても指先の触感でスイッチの位置が分かります。

SD4A-2
電源である単三電池はボディの中に入っておりますバッテリーカートリッジに装填してします。SD4Aのワーキングボルテージは0.9〜6.4v。アルカリ乾電池はサイズを問わず1.5vなので4本で6v。それ以下でも作動するようですが問題があります。まず、この製品のフレコミである「単一乾電池1本でもいけるよ!」ですが、どうやら電池を選ぶようです。上の写真のパナセルでは点灯しませんでした。新品の乾電池を使用して点灯しなかったので恐らくは接点が物理的に届いていないものと思われます。パナソニックの電池で使えないとなると少々実用性は厳しそうですね。また、単一電池1本では1.5vしか電圧がありませんので本来の明るさが出せないようです。

SD4A-3
そんなケチを払拭するのがこのリフレクターとCREE XP-L Hiとのマッチングの良さです。XP-L Hi仕様は鏡面リフレクターを使用し集光された光りを放ちます。この集光具合がかなり優れておりまして、メーカー公称の照射距離も400mとかなりのものです。周辺光も広く手前から遠くまで同時に照らすことが出来ます。

SD4A-7
通常モード切替で4段階調光あるSD4Aですが、Lowモード35ルーメンでも10m先を充分に照らすことが出来ます。もちろん、ルーメン値なりの明るさですが、35ルーメンでここまで飛ぶライトも珍しいです。

SD4A-8
ターボモード920ルーメン!屋外で試したくなる配光ですね。中心光はかなり明るく煙や霧がある環境であれば美しい光軸が拝めるものと思います。周辺光も手前ではかなり明るく視認性に優れます。ただ、スポットな照射なので手元、足元では中心光との明るさの差異が激しく目を細めてしまいます。近距離を照らすにはあまり向いていないライトともいます。

SD4A-6
マルチバッテリーって余程のもので無い限り微妙なものが多いように思えます。単純に4AAでよかったのでは?と思います。単三電池を懐中電灯の電源として使いたいと望んでいる人が単一電池を進んで使うとはちょっと思えないんですよね。イザと言う時、、、という考え方も無くは無いですが、イザと言う時に「点灯しなかったら」困りますよね?ですから私としてはSD4Aに単一電池の使用をおススメしません。

配光や明るさ、このライト自体はかなり良いですよ。ボディ自体もコンパクトで軽量、シンプルな操作性も好感触です。
LUMINTOP (ルミントップ) SD4A 単三電池4本使用 LEDライト