S1A-BATON1
OLIGHT (オーライト) S1A BATON 単三電池1本使用 LEDライト

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するアイテムはOLIGHTの新商品S1Aです。単三電池1本を使用した小型の懐中電灯で乾電池の他、14500形のリチウムイオン充電池も使用可能です。使用する電池によって明るさやランタイムが異なるタイプです。物としては同社のS1 BATONの単三電池バージョンといった感じです。単三電池で1本で使用できるハイパワー系のライトは人気があるのか無いのかよく分からない商品です(笑)。

S1A-BATON2
と言うのも単三電池1本ではそもそも非力な電池なので明るく点灯しもて「瞬間芸」的なものが多く、結局明るく光らせるには電圧の高いリチウムイオン充電池の使用がマストだったりします。例に漏れずこのS1Aもターボモードの600ルーメンを発動させるには14500リチウムマンガン充電池の使用が必要です。しかし、この新商品S1Aに関しては「乾電池でも実は明るい」モデルだったりします。そのあたりも含めてご紹介します。

S1A-BATON3
全長79.5mm×ボディ径18.4mm×ヘッド径21mm

スイッチボタンはサイドスイッチ仕様なのでボディサイズはかなり短いです。CR123電池使用のモデルに比べれば長くはなりますが、実用上不便のないサイズだと思いますし、サイドスイッチ仕様の場合、多少長いほうが使い易いという意見もあります。
折り返しの付いたクリップは着脱が可能。ヘッドの際まであるこのクリップを使って胸ポケットに挿しますと、ライト本体はほぼ完全にポケットに隠れます。かなり深くさせるのがポイントです。ライトを持っていることを殊更主張したくない方には高評価いただいているものです。
S1A-BATON4
テール部分はマグネットが装備されたもので鉄素材等に貼り付けて使うことができます。マグネットの有無に関してはかなり意見が分かれます。磁気に弱いメディア等を常に携帯する方にとって「強力な磁気」は大敵の存在。テール部分のマグネットを外して使う方も多いようです。実際ねぇマグネット式のライトですが、L字型のライトだと過去に実用上便利だったことはありますが、一般的なストレートタイプのライトでそれが必要か私にも分かりません。

S1A-BATON5
安定したTIRレンズを使用しております。昨今リリースされておりますOLIGHTのレンズは優秀ですね。狭すぎもなく、広すぎない「ちょうど良い」配光と照射距離かと思います。日頃使うコンパクトライトならではの絶妙な配光が特徴です。もちろん、遠くを照らすにはレンズが小さく浅すぎます。しかし、このライトはそのように使うライトではありません。

S1A-BATON6
こちらの照射写真は付属する単三形のリチウム乾電池を使用したもの。Hiモードで220-100ルーメンでます。初見で見る限りかなり明るく感じました。TIRレンズですので多少の狭さは感じますが、もっと狭角絞ったライトはたくさんありますのでそれと比べると広く、そしてナチュラルに明るいです。しかし、この明るさですが、リチウム乾電池を使ったものです。同じ乾電池でもお馴染みのアルカリ乾電池では「明るい!」と感じられる時間は大幅に短くなります。結局は乾電池でも高価なリチウム乾電池が必要というわけです。あまりHiモードを多用しない方であればアルカリ乾電池でも十分につかえるかとは思いますが、同じ乾電池でもランタイムに大きな開きがあるのには少々驚きました。

S1A-BATON7
14500形リチウムイオン充電池使用時
ターボモード600-300ルーメン!600ルーメンは1分程度しか使えません。このサイズなのでそれだけ明るいとLEDの発する熱で内部の電子機器が深刻なダメージを受ける危険性があります。その為、熱に応じて明るさが落ちるシステムが組み込まれております。なので、1分のランタイムは深刻なダメージを受ける前の猶予であり、常にその明るさで使えると言うものではありません。300ルーメンでもね、明るすぎるくらいです。

S1A-BATON8
リチウム乾電池での使用が最もバランスがよく使い勝手のよい明るさが得られます。しかし、単三形のリチウム乾電池はかなり高価です。下手するとCR123リチウム乾電池よりも高いかも知れません。CR123よりもマイナーな感じもありますし、ライトに詳しくない方であれば正直、このスペックを真に受けてしまうと「残念」な気分になるかも知れません。ただ、その性能自体はかなり優秀で状況に合わせて「電池」を上手く変えられる方であれば優秀なEDCライトになることでしょう。アルカリ乾電池はあくまでバックアップ電源くらいに思っていたほうがベターだと思います。

ボディの素材はスタンダードなアルミモデルと限定品としてカッパー(銅)と磨きステンレス(グレー)の3種がリリースされております。マテリアルの違いや特徴はまた後日ご紹介したいと思います。

OLIGHT (オーライト) S1A BATON 単三電池1本使用 LEDライト