S2A-1
OLIGHT (オーライト) S2A BATON 単三電池2本使用 LEDライト

アカリセンターのHATTAです。2日空けてのブログですが久しぶりに書いた気がします。さて、本日ご紹介する商品はOLIGHT S2A BATONでございます。OLIGHTの新商品が続きますね。基本的には従来品のアップグレードモデル的なものが多いのですが、こちらのS2Aは単三電池2本したモデル。2AAモデルのOLIGHTなんて久しぶりな気がします。

特徴的なラバーグリップ

グリップ部分はシリコンラバー製のスリーブが付いており、カラーはブラック、グレー、イエロー、ブルーの計4色の展開。グリップカラーだけの違いで性能は同じです。グリップが付いているのはもちろん滑り難く握ったときのグリップ性を良くするためのものです。シリコンなので熱を伝え難く暑さ、寒さに関係なく握りやすいものでございます。

S2A-4
ボディはとても細身で持ちやすいです。また、サイドスイッチタイプなので全長も短く、全長132mm × ボディ径20mm × ヘッド径23mmとテールスイッチモデルの2AAに比べるとコンパクトです。ボディデザインもシンプルで華美な装飾もなくラバーグリップ「実用面」を重視した仕上がりとなっております。

スイッチはヘッドにある1個のボタンのみ。クリックすると点灯し、再度クリックすると消灯します。4段ある調光は点灯状態時にスイッチを長押しすると明るさが順々に変わり、任意の明るさの時にスイッチから指を離すとその明るさが固定されます。消灯後も調光は記憶されます。また、点灯中にトリプルクリックするとストロボ点滅となります。消灯状態の時に1秒以上長押しするとムーンライトモード(0.5ルーメン)になります。消灯時にダブルクリックすると一番明るいモードにジャンプします。

タイマー機能があります。点灯中にダブルクリックすると1回点滅して3分タイマーが発動します。3分タイマー発動時に再度ダブルクリックすると2回点滅し9分タイマーが発動します。何れのタイマーも消灯でキャンセルされます。

S2A-2
現時点で初回入荷分にはOLIGHTの単三形リチウム乾電池が入っておりました。使用電池によってランタイムが異なります。アルカリ乾電池に比べHiモードの点灯時間が長いなどメリットを確実に実感できる電源です。なお、付属電池は「リチウム乾電池」なので14500形リチウムイオン充電池ではありません。電圧の高いリチウムイオン充電池は使えませんのでご注意下さい。

S2A-3
レンズはTIRと呼ばれるコリメータレンズ。すり鉢状のリフレクターではなくレンズ仕様です。TIRのメリットとしてはスポット光が強く出せること、そしてヘッドの全長を短く、小さくすることが出来る点です。仕様としては同社のS1S2と同じ感じです。最近のOLIGHTのイメージカラーである美しいブルーのPVDコーティングベゼルが印象的です。レンズ中心部の凸はややフロスト加工されており、光りが上手く散るように工夫されております。

s2a-6
Low→Med→Hi→TURBO
通常で4段階調光します。ただ、ターボモードに関しては長くは使えません。何よりLEDの発する熱の影響がありますのでターボモードは3分程度しか使えません。連続点灯できるのはHiモード260ルーメンまでです。2AAで260ルーメンは妥当ですね。昔の200ルーメンクラスに比べると熱は感じ難くなっております。ですから効率的にはかなり良くなっているものと思います。

配光は中心光は明るいですが、周辺光もそれなりにあります。リフレクターモデルに比べると広範囲ではありませんが、実用上不都合を感じるようなものではありません。全体的に配光は美しく非常に使い易いと思います。

S2A-5
S2Aのラバーグリップには秘密があります。ブラックを除いく3色には「蓄光効果」があります。光りを当てると暗闇で淡く光ります。淡く、、淡く、、、光ります。もう少し派手に蓄光してくれてもいいのですが、とても控えめです。暗所で「ここにあるよ」というサインくらいにはなると思いますが、派手なものは期待しないで下さい。でも、斬新で面白い仕様だと思います。

s2a-7
シリコンゴムのグリップ感はかなり良好。個人的には好きですね。OLIGHTというブランドがどのようにエンドユーザーに見られているか、正直私にも分からないところがあります。高級というほど値が張るライトではありませんが、全体的には申し分ない造りですし、性能も充分優れていると思います。最近はデザインにも統一感がありブランドイメージ感が確立されているようにも思えます。そんなOLIGHTの新商品群にあってS2Aはかなり「実用」寄りのアイテムかと思います。

かつて、2AAモデルはOLIGHTに限らずどこのメーカーでも「花形」的な人気アイテムでした。しかし、年を追う毎に18650形充電池を使用したモデルにシフトしていきました。サイズが短い上に圧倒的に明るいわけですからそうなるのも致し方ないかと思います。しかし、単三電池の汎用性の良さは周知のことかと思います。なので、こういったモデルの登場は「普通の電池を使いたい」と思っている方には嬉しい限りかと思います。まぁ、本来の性能が発揮されるのはリチウム乾電池を使用した時なのでアルカリ乾電池を使用すると「うん、ま〜ねぇ〜」的な感想になるかも知れませんが、それでもS2Aは2AAライトとしてはかなり優秀かと思います。

OLIGHT (オーライト) S2A BATON 単三電池2本使用 LEDライト