TIP-1
NITECORE (ナイトコア) TIP / TIP-CRI 充電式 LEDキーライト

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するアイテムはNITECORE TIP 及びTIP CRIです。どちらもカタチは同じで搭載LEDの違いのみになります。CRIと付くモデルが高演色モデルになります。既に少し前にリリースされておりましたが、すぐに品切れてしまいご紹介が遅れていたライトです。TIPは同社のTUBEシリーズの兄弟機のようなものです。TUBEが5mm砲弾型LEDを使用した明るさ控えめのMAX45ルーメンのモデルですが、今回ご紹介するTIPはXP-G2(クールホワイトモデル)が最大360ルーメン、CRIモデルが240ルーメンとかなり明るさがアップしております。それに伴いボディはアルミ合金になり、厚みも増しました。恐らく使用するリチウムイオン充電池も容量が増しているものと思われます。

TIP-2
TIPはこのように親指と人差指を使って摘むように握って使います。スイッチは前後に2つあり、手前がON/OFFを司るメインスイッチで前が調光、モード切替用のスイッチになります。TUBEがモノスイッチでLowスタートだったのに対して、TIPは点灯後、調光スイッチで切り替えた明るさでOFFにすると次回点灯時は消灯時の明るさからスタートします。つまり、頻度が高いモードから点灯させることが出来ます。

とは言え、そこまで複雑なモードが多数用意されているわけではありません。基本の明るさは3段階調光のみ。最も明るいターボモードに入力するには点灯後、何れかのモードでモード切替スイッチを長押しすると最も明るいターボモードが作動します。 ターボモードは長くは使用できません。一定の熱を感知すると自動的明るさを落とすATRテクノロジーを搭載しております。指で摘めるほどの小さなライトになりますので明るいとLEDが発する熱を冷ますことが出来ず壊れてしまいます。それを防止するための機能です。

TIP-3
充電はボディサイドにあるマイクロUSBポートより行います。ケーブルは付属しません。別途ご用意下さい。汎用のマイクロUSBケーブルで充電が可能です。また、ポートがむき出しですが、防塵防水性能を示すIPは54あり、雨に濡れた程度では壊れることはありません。モバイルデバイスのUSBボートを見ると本能的に「水が入ったら大変!」と思う方が多いですが、懐中電灯類でIPX4以上のモデルであればダストカバーの有無は文字通り埃除けくらいのもので防水性を確保するようなものではありません。つまり、ポートが露出していてそこに水が溜まるようなことがあっても直ちに浸水、破損となることはありません。充電の際は充分に水気を切ってからケーブルを差し込んでいただければ全く問題ありません。

TIP-4
ベゼルには小さいながらもリングベゼルが付いております。どの程度の効果があるか分かりませんが凝っております。リフレクターは浅く小さいので非常に広角な配光になります。TUBEの照射角100°には及びませんが、こちらもかなり広角です。手元から広く広がるタイプ。日常で活躍するワイドでフラットな配光が期待できます。

実際の配光をHiモードで見てみましょう。TIP(XP-G2 CW)とTIP CRI で見え方の違いを注意してご覧下さい。

TIP-5
TIP (XP-G2)

TIP-6
TIP CRI

明るさに殆ど違いはありませんが、画像中央の床にある赤い印刷用紙の袋の色の違いが一番分かり易いかと。CRIの方が赤が鮮やかに見えるかと思います。実際には「そうかもしれない」程度の違いですが、こうして写真で見ると「あ〜、確かに違うな」くらいのことです。色を見ることを重要視する方にはCRIをお薦めします。

次に計測器でCRI値とスペクトルを計測してみました。XP-G2はクールホワイトの典型である青が強くでた「青地白い」ものですが、CRIは青以外の光りも豊かに出ております。
TIP-7

TIP-8
CRI値が90以上ものがTIP CRIとなります。確かに看板に偽り無しの性能です。正直、CRIに関しては「好み」だと思います。懐中電灯のしかもキーライトでそれが重要か否かは分かりません。明るさを重視するのであればターボ360ルーメンが出せるXP-G2はそれだけで魅力的です。

しかし、光りの質に拘るのは日本人の性分みたいなものです。高性能な蛍光灯照明に慣れきった私たちは恵まれた環境にありすぎるせいか、時としてLEDの「光りの質」に些細なクレームをつけてしまうことがあります。CRIモデルの存在は「そういった方々用」ではないかとさえ思います。明るさは落ちるけれども光の質はこちらが良いですよ〜と言われている気がします。

TIP-9
付属品は大小のダブルリングが二つ。キーリングに付けるための繋ぎとしてお使い下さい。
ボディの造形は思っていたよりも丸みを帯びていて手にした時にゴツゴツした感じがありません。これも好みになりますが、私は良いかと思います。鍵束やカバン等に付けて頻繁に使うのであればやはり握りやすい方が良いと思いますからね。充分に明るく、日常使用では不満のない性能を発揮してくれると思います。充電して使用することで電池の交換も気にせず使えるのが何より嬉しいですね。

普段使いであると便利なキーライト。日もすっかり短くなってきましたので活躍の機会は増えるのではないでしょうか?明るめの充電式のキーライトとしては価格もとても魅力的かと思います。

NITECORE (ナイトコア) TIP / TIP-CRI 充電式 LEDキーライト