SEPN3D-1
HATAYA (ハタヤ) 防爆 LED ミニライト SEP-N3D 国内防爆検定モデル

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するアイテムは国内防爆検定を取得した防爆ライトです。先日ご紹介したストリームライト社のプロポリマー3C ハズロ 国内防爆仕様に続くLED防爆ライトになります。メーカーは国内の防爆灯具メーカーとしては実績のあるHATAYA(ハタヤ)になります。

濃い緑にペイントされたアルミボディは如何にも業務用といった雰囲気を醸しております。ボディは円錐状のユニークなもの。各所に実用上の工夫が施されており、ただLEDを載せ変えたアップグレード品ではないことが伺えます。この製品の最大の特徴である国内防爆、という特徴を除いてもなかなか興味深いライトでございます。

SEPN3D-2
左が新型、右が旧型。

旧型のアイテムと比較するとかなり大きくなっております。理由は旧型が単四電池3本使用だったのに対して、今回の新型は単三電池3本使用となっているからです。全長は151mm ヘッド径が38mm、テール径が45mm。メーカーは「ミニライト」と品名を付けておりますが、一般的なLED懐中電灯と比較すると「ミニではないかな、、、」といった感覚になりますが、防爆懐中電灯のカテゴリーでは比較的小型なものになります。使用電池が単三電池3本になりましたので明るさ、ランタイム等の懐中電灯的なスペックはかなり向上しております。搭載LEDのワット数に関しては旧型が0.5wだったのに対して新型は3wになります。

SEPN3D-8
サイズ感はこんな感じ。片手で充分に持てます。重量は電池別で約290gと少々重たいように感じますが、ボディの厚みなどを考えると致し方ないのかな?と思います。決して重たいライトではありません。円錐形のボディは意外にも握りやすく、テールとヘッドに施された滑り止めゴムが良い仕事をしております。こういう所も業務用っぱさが出ておりますね。

操作の仕方は簡単。ヘッドをボディ側に締めこんでいくと点灯。消えるまで緩めると消灯となります。調光はなくMAX200ルーメンのシングルアウトプットです。ヘッドにはこれ以上緩まないようにするための爪があり、付属する六角レンチで調整が可能です。電池の出し入れする部分とは異なるので頻繁に着脱する部分ではありません。

SEPN3D-5
電池の出し入れはこちら側。ヘッドの爪を調整するレンチよりもさらに細い付属レンチがポーチの中に入っております。これを利用してバッテリーケースにアクセスします。「容易には開けさせない」防爆ライトならではの機能です。このライトが円錐形をしているのには握りやすさだけではなく、もう一つ理由があります。それがバッテリーケースを固定するネジを緩める際に使用する六角レンチの挿す角度でございます。上記の写真のようにレンチが挿し易く回してもボディに緩衝しません。

SEPN3D-9
立派なナイロンケースが付属します。ベルトループがあるので腰につけることが出来ます。こちらのケースは帯電防止仕様です。フラップの裏側にはバッテリーケースを開けるためのレンチを入れておけるポケットが付いております。実に便利です。

SEPN3D-4
テールには注意事項が書かれております。滑り止め用のゴムグリップがあり開け易く、立てたときに安定します。

SEPN3D-6
単三電池3本使用。
電池は専用のカートリッジに装填してボディに差込ます。テールキャップのネジ切りはたくさんあり、かなり回さないと外れません。これも安全第一とした仕様なのか分かりませんがなかなか面倒です(笑)。
なお、使用可能な乾電池はLR6つまり単三形の乾電池のみです。メーカーまでは指定された記述は取扱い説明書からは分かりませんでしたが、ニッカドやニッケル水素充電池は一切使えません。使っても点灯はすると思いますが、「防爆ライト」としての機能は失います。本末転倒なので必ず一流メーカーの乾電池をご使用下さい。

SEPN3D-10
旧型との比較。旧型はルーメン表記が一般的でなかった頃のものなので何ルーメンか分かりませんが実に心もとないです。まぁ、当時のLED防爆ライトはこんなものです。新型はやはり明るいですね。200ルーメンであれば充分な明るさかと思います。また100ルーメン以上の明るさで4時間以上の連続しようが可能なのもポイントとしては高いです。単純に明るさではなく実用面を重視したスペックが良いですね。

レンズ式の照射システムなので比較的円形の配光になります。レンズが極端に大きくも深くも無いのでさほど遠方まで飛ぶ感じではありませんが、必要充分といった感じかと思います。

SEPN3D-7
直立させることが出来るのが便利。天井がさほど高くない場所であればこれで空間をほんのり明るく照らすことが出来ます。恐らく使用するユーザーは防爆ヘッドライトも装備しているので間接照明的な作業灯として使用することもできそうです。何より、置いた時にコロコロと転がっていかないので便利で安全!

普通の懐中電灯でこの形が一般のユーザーに受け入れられるかは微妙ですが、「仕事の道具」と割り切るのであればかなり理にかなったカタチかと思います。

HATAYA (ハタヤ) 防爆 LED ミニライト SEP-N3D 国内防爆検定モデル