nup10-1
NITECORE (ナイトコア) NUP10 ユーティリティポーチ

本日ご紹介するアイテムはNITECORE NUP10 ユーティリティポーチです。ライトメーカーが作る布物です。こっちに来たか〜って感じです。キャップやTシャツではなくポーチ。EDC(Every Day Carry)に適した小ぶりなポーチです。確かに実用性を考えると「ファンアイテム」としてよりもナイスアイディアかな?と思います。

nup10-2
フロント、メインの2箇所に収納スペースを持つ小型のポーチでフロントコンパートメントの表面にはHypalon合成ラバー素材のMOLLEシステムを採用。外側への拡張性を持ちます。
背面にはナイロン製のmolleがあり、着脱可能なベルクロバンドが2本付属します。ベルトの太さに合せて調整が可能な他、リュックやベストなど装備品に取り付けることも可能です。

nup10-3
ジッパープルはアウトドア用のリュックなどで見かける樹脂製のプルタブで指が引っ掛け易く開けやすくなっております。

nup10-4
フロントコンパートメントのサイズは17 x 15 x 2cm
鍵などを付けられるフックの他、布ゴム製のテンションバンドが付きます。ライトの他、マルチツールなどを収納するのにピッタリかと思います。

nup10-5
メインコンパートメントの布地はフック&ループのオーガナイザーを装備。パッチやベルクロで留めるアイテムなどを貼り付けることも可能なようです。オーガナイザー自体に若干の緩衝能力もあります。

nup10-6
メインコンパートメントのサイズは22 x 16 x 4cm
ライトやツール類はもちろんのこと、財布やコンパクトカメラなども収納出来そうです。箱型になっているので収納し易いかと思います。

nup10-7
外側にあるmolleは従来のナイロン製のものに比べかなり薄型。つまり、外側への出っ張りを極力減らすことが出来るので嵩張り難くなっております。強度自体が従来製に比べ強いかは分かりませんが、最新のタクティカルベストなどでも採用されている素材なので決して弱いとは思えません。
ユーザーの好みに合せてカスタマイズできる部分ですので、いろいろ付けて楽しんでください。

nup10-8
このHypalon合成ラバー素材の長所としてはこれらのアイテムの取り付けがナイロン製のものに比べかなり簡単になっております。ウェイビング自体の厚みが非常に薄いのが良いですね。

nup10-9
ショルダーベルトが付属します。ただ、これはかなりおまけ的な存在です。スリング部分は樹脂製ですし、ベルトそのものがさほど太くないのであまり重たいものを収納すると肩に食い込むかも知れません。このサイズなのでそんなに重量物は入れない想定かと思いますが、まぁ、価格なりかな?と思います。

1000D(デニール)のファブリックを使っている割には軽く感じました。「丈夫だぜ!ミリタリースペックだぜ!」と謳っているバックはカッコいいにはカッコいいのですが、バック自体が重たいのが難点。そういったものに比べればかなりライトでイージーな雰囲気を持ったポーチです。日常使用したくなるサイズ感と収納力はなかなか考えられたものだと思います。価格もリーズナブルなのでお気に入りのNITECOREを入れて置くには良さそうですよ。

NITECORE (ナイトコア) NUP10 ユーティリティポーチ