HALBERD-1
OR (OUTDOOR RESEARCH) アウトドアリサーチ ハルバード センサーグローブ

本日ご紹介するアイテムはアメリカのアウトドアブランド OR (Outdoor Research)のタクティカル・ミリタリーラインのグローブです。既に販売します「アイアンサイト」と同種のモデルです。しかし、最も異なる点はこれが「センサーグローブ」であることです。もう現代人にとって手放せないアイテムの一つであるスマホ等のタッチパネルデバイスを操作することが出来ます。
HALBERD-0
操作できるのは人差指と親指の腹と先の部分。実際に使用しましたが、問題ない感じ。特にセンシティブではありません。毛糸地の手袋よりは材質的に硬いですが、センサーグローブとしては普通に使える感度だと思います。

ミリタリー関係でもタッチパネル関係の機器は増えているようなのでこういったモデルの需要はかなりあるようです。今後もこういった仕様のアイテムは増えることはあっても減ることは無いものだと思います。

HALBERD-2
甲の部分はその殆どがメッシュ素材で覆われております。装着感は涼しげです。効率的に手袋内の熱気を外部に放出することが出来ると思います。

HALBERD-3
リブの部分はベルクロが短く、この部分で強く締める意図は無さそうです。

HALBERD-4
リブそのものは若干の伸縮性はありますが、アイアンサイトに比べるとタイト。伸び難いのでヘタリにくいというメリットもあるかも知れません。私はORのアイアンサイトを3年ほど使いましたが、やはりこの部分のヘタリは出てしまいます。ベルクロが大きく広いのでそれで締めるので実用上は問題ないのですが、やはりヘタリ難い方が良いのかな?と思います。ただ、着脱の回数が多い人はアイアンサイトの方がいいかもしれない?うーん、悩ましい。

HALBERD-6
あると便利なホール。アイアンサイトではループですが、ハルバードは穴です。この穴は切れるのではないか?と購入前は心配しておりましたが、それは無さそうです。ループ部分は2重にステッチがあり、リブの上に更に布があてられているで丈夫です。
カラビナやDリング等へ付けるときはループの方が便利なのですが、装備品への装着はこちらのホールの方がブラブラしなくて良いかも知れません。

HALBERD-5
平側は各所に当て布があり補強されておりますが、指の曲がる部分にはフレキシブルでゴワついた感じはありません。また、平側にはパンチグ状の穴があり、こちらも熱が逃げ易くなっております。当て布部にはドット状の滑り止めがあり握ったものを落とし難くなっております。

HALBERD-7
軽量な甲側と丈夫な平側と素材と異なる性能を備えたミリタリーグローブです。米国サイズなので普段LサイズであればMサイズでピッタリ、Lサイズでもさほどブカブカ感はなく、少し余裕がある程度かと思います。主観ですが、アイアンサイトよりもちょっぴりタイトめ。よりスポーティーな感じします。通気性がかなり良いので冬場はちょっと寒いかも知れません(笑)。

OR (OUTDOOR RESEARCH) アウトドアリサーチ ハルバード センサーグローブ