0314-1
LED LENSER(レッドレンザー) 0314 マグネティックマウンティング

本日はLED LENSERの小物を2点ご紹介します。
まず最初は上記の0314 マグネティックマウンティングです。製品単体では何に使うのかさっぱり分かりませんが、このアイテムは同社のインテリジェントクリップ0316または0317と併用して使用します。目的は鉄などの金属面にライトを固定する為のものです。具体的には冷蔵庫や工場の支柱など磁力の有効な場所にライトを仮設することが出来ます。

家やオフィスなどでライトをどこに置くか?これは簡単なようでなかなか難しいです。と言うのも、よほど大きなライトであればどこにあるか目立ちますし、同時に邪魔になるので嫌でもライトの所在は分かることでしょう。しかし、比較的小型のライトになると自宅であっても「紛失」する可能性があります。家族の誰もが、職場の同僚の誰もが、「ここにライトがあるよ」と認識することは仕事の効率面でも、防災、防犯の意味でも非常に重要になります。

アメリカンブランドのライトだと「壁に穴開けてください」的なコンセプトの充電式ライトが一般的ですが、日本の住宅事情からしてそれは難しく、簡易的で痕の残らない設置方法が望まれます。そういった意味でこのマグネットマウントとインテリジェントクリップの組み合わせはなかなか面白いと思います。インテリジェントクリップですからそのままベルトに挿すことも出来ますし、ライトだけを外すことも出来ます。実用的かつスタイリッシュ!LED LENSERらしい提案かと思います。マウントできるライトはインテリジェントクリップによって異なりますが、LED LENSERであれば、P7.2やP7R、M7、i7など人気のモデルが可能。0316であれば1インチ径のボディのライトを取り付けられます。LED LENSERを問わず意外といろんなライトが付けられそうなので、職場やご自宅でライトの所在にお困りの方はご検討いただいてもよろしいかと思います。


ll6130l0
LED LENSER(レッドレンザー) LL6131L0 M7用 乾電池カートリッジ
遅ればせながら入荷しました。M7用の交換バッテリーカートリッジです。既にP7.2用の501771Wがありましたが、M7用も取扱いを開始しました。このタイプのLED LENSERのライトはバッテリーカートリッジにスイッチ機能が付いております。つまり、経年劣化におけるスイッチの故障もこのパーツを交換することで復活いたします。

また、アルカリ乾電池を使用するライトで起こりがちな電池の「液漏れ」もこのパーツを交換することでライトを捨てずに済むかも知れません。パーツがユニット単位に構成されており、故障や不具合の際に各ユニットだけを交換することで修理が可能になるというのはありがたいことです。すべての製品で同じようなユニット化がなされているわけではありませんが、P7.2もM7も人気モデルでございますのでユーザーの方は多いかと思います。お役に立てれば幸いです。