STRIVE-0
SILVA (シルバ) RUNNING BACKPACKS ランニングバックパック

本日は今秋新たに発売されたSILVAのランニングギアをご紹介します。SILVA ランニングバックパック STRIVEです。簡単にご説明しますとベスト状のウェアの背面に小型の収納スペースを持ったバックパックのようなアイテムです。トレイルランのギアとしては軽量なバックパックが主体でハーネス部にボトルホルダー等の収納機能を有したものが一般的だと思います。このアイテムはそれが逆でベストに必要最小限の収納スペースを付加したものになります。大きな違いはフィット感にあると思います。トレイルランで使用されるバックパックはその性質上、軽量な素材を使用し、ハーネス等のパーツも細く薄いものが採用されます。その為、フィット感にやや不満があるものが多かったと思います。SILVAは世界大会で活躍するウルトラトレイルランナーの意見を基にフィット感に優れたベスト型のバックパックを開発しました。

STRIVE-1
収納サイズは5リットルと10リットルの2種類。5リットルは街中でのランニングから日帰りのトレイルランに最適。10Lは100km以上のウルトラトレイルに使えるだけの収納力を持ったアイテムです。

STRIVE-2
特徴の一つにフレキシブルなサイズにあります。2本あるチェストハーネスは上下に可動します。ユーザーのサイズに応じてハーネスを上下させることでフィット感を調整することが出来ます。サイズ感はM/Lサイズの10Lでも割とタイトめ。男性で普段XL以上のサイズの服を着られる方には少し窮屈かと思います。まぁSILVAの宣伝ようの写真ではゴツイ男性が着ていますが、ちょっと無理があるかと。

STRIVE-3
10Lの収納箇所は豊富です。そしてとてもアクセスし易いのが特徴です。メインコンパートメントは大きく開口できます。メインコンパートメントの外側にも小さいですが収納可能があります。また、各コンパートメントのタブはグローブやステッキを付けた状態でも開け易いようストレッチ素材の紐が付いております。

STRIVE-4
ハイドレーションの収納部もあります。1.5Lのリザーバーが入ります。ベストにはホースを通す為のモールがあり、走行時に邪魔になることはありません。また、モールの一部はリフレクターになっており、道路走行時に対向車に自身の位置を強くアピールすることが出来ます。

STRIVE-5
前面の2つのポケットのうち、左側はウォータープルーフの防水室となっております。スマートフォン等の濡れては困る電子機器や紙幣を入れておくのに便利。

STRIVE-6
実際に装着してみた感想ですが、タイトめなこともあってか背筋が伸びる感じ。ランニングフォームについては良く分かりませんが自然と胸が前に出るような感じがいかにも「ラン用」だなど思いました。

これだけの収納力を持つのであれば、トレイルランだけでなく通勤や通学などをトレーニングの一部としているランナーにもおススメできると思います。前後に確りと反射するリフレクターを備えており、舗装路での安全性も重視されております。これからランを始めたいと思っていらっしゃる方にもおススメのギアです。

SILVA (シルバ) RUNNING BACKPACKS ランニングバックパック