3MRETRO-1
JETBEAM (ジェットビーム) JET-3M PRO RETRO レトロ加工 XP-L搭載 タクティカルフラッシュライト

本日紹介する商品はJETBEAMの新商品 JET-3M PRO RETROです。そう、レトロです。なぜ、どうして、3M PROをこのようにしたのか、謎が謎を呼ぶ不思議なアイテムです。なんと言っても目玉はこの表面処理。一見すると真鍮製のボディを何年も使い込んだかのような姿をしておりますが、これで新品です。いわゆるビンテージ加工とかレトロ加工なんていわれるようなものだと思います。ほら、ジーンズやレザーなんかもわざと使い古したような加工して売られているじゃないですか?あのノリなのかな、と思います。話で聞いていたよりもかなりリアルに「使い古された感」が出ております。

3MRETRO-2
形がやけに未来チックなのでSF映画かスチームパンクの小道具のようです。製品そのものは通常のHA表面処理の3M PROと同じです。ヘッドを完全に締めるとシングルアウトプットのタクティカルな仕様になり、少し緩めると多段階調光のジェネラル(一般仕様)になるライトです。スイッチはテールスイッチのみなので使い勝手が何気に良いと評判のライトです。

3MRETRO-3
どっかでこの表面処理を見たなぁ〜と思っていたら電球部門にありました(笑
舶用電球 ヴィンテージソケット 引掛けシーリング用 真鍮製 レトロペンダント 1灯用
こっちは本物の真鍮製ですが、初めからちょっとレトロな加工が施されております。白熱のビンテージランプに合せあるならこういったソケットが似合いますものね。
3MRETRO-4
先端のステンレスベゼルは取り外しても使えます。個人的にはステンレスベゼルが付いていても違和感がないようにも思えますが、お好みでどーぞ。

3MRETRO-5
3M PROのリフレクターは深く、レンズが奥まったところにあるので照射範囲は狭いと思います。照射距離は最大320mとこのクラスとしては優秀。近くを広く照らそう、というライトではありません。

3MRETRO-8
この通り、周辺光は狭く、手前が暗い状態です。中心光は明るく、まだまだ先を照らしたがっている感じ。

3MRETRO-6
使用電池に応じて明るさが少し違います。最大光束の1100ルーメンは16340形充電池を2本使用します。弊社取扱い品で言えばIMR16340-720あたりがおススメです。それ以外の電池ですとMAX980ルーメンです。まぁ、これでも充分明るいですけどね。

3MRETRO-7
サイズは全長150mm 2x123のモデルとしては標準的。把持部も1インチですし、無駄にヘッドも大きくなく、プロポーションはよさ気です。ことさら凄いところもありませんが、使い勝手は悪くないと思います。このサイズで真鍮だったら重いでしょうが、このライトはアルミ合金ですから軽いものです。

ほんの最近、中華ライトを中心に「RAW」(生)な表面処理なしのモデルが流行りましたが、そこらじゅうから出してくるので私は少し食傷気味というか、正直販売する側からすると「またか、、、」と深いため息が出る日々でした。確かに使っているうちにボディが酸化し、様々な表情を見せてくれるRAWモデルは魅力的ではありますが、そんなにたくさん出されても普通のブラックボディのライトを売るようには扱えないのが現実です。

このレトロ風味満点の加工は流行るのかなぁ〜どうなんでしょう?
生のライトを一から酸化させるのは少々メンドクサイ、でもブラックやグレーのライトにはちょっと飽きた、なんて方にもおススメのモデルです。しかもフルサイズのタクティカルライトでやっちゃうJETBEAMはなかなか面白いメーカーです。

JETBEAM (ジェットビーム) JET-3M PRO RETRO レトロ加工 XP-L搭載 タクティカルフラッシュライト