TWX900-1
OTS (Operation Training Service) TWX900 タクティカルフラッシュライト

本日ご紹介するライトは日本のOTS(オペレーション トレーニング サービス)のTWX-900 タクティカルフラッシュライトです。OTSは東京都練馬区にあります官公庁向け訓練用品や特殊装備品の開発・販売及び使用方法の展示や教育を行う会社です。練馬の「エリート」さんの方が名が知れているかもしれませんね。そのOTSがプライベートブランドで作ったオリジナルライトがこのTWX-900です。加圧式の二段階調光のスイッチを採用したモデルになります。加圧式の二段階調光と言えば、、、SUREFIRE社のA2,L1,L2,LX2,A2L等が思い出されますね。残念ながら列挙したアイテムは全て生産終了しておりますので、今では非常に珍しいモデルと言えます。しかし、このスイッチは非常に単純かつ感覚的操作が可能で、瞬時に点灯、消灯を自在に操れるのが特徴です。一般的には常時点灯させやすいクリック式の方が「使い易い」と認識されておりますが、一部のユーザーの間では今でもこのスイッチが支持されております。

TWX900-2
ボディの全長は143mm ボディ径は25.4mm ヘッド径が38mmとなります。全体的なスタイルはミドルクラスのタクティカルライト然とした様子です。ヘッドにたくさん設けられた放熱フィンはLUMINTOPのターミネーターというモデルに似てなくもありません。ボディチューブはただの円筒ではなく、よく見ると三角形に近い形をしております。指がかかりやすく、ただの円筒形よりも細身になるのでより握りやすくなっております。

ヘッドにはクラウン状のベゼルがあり、ボディはつや消しのブラックHA。さほど飾り気もなくゴツっとした渋い外観です。

TWX900-11
搭載LEDはCREE XM-L2 U2 色温度はやや低めのニュートラルホワイト。やや暖色が混じる白になります。煙や霧の中での使用を想定した選択だそうです。プライベートブランドならではの拘りですね。リフレクターは深めの鏡面リフレクター。このLEDとリフレクターの組み合わせは最新の流行よりはちょっと前の仕様といった感じ。逆に言えば非常に安定した「間違いない」仕様かと思います。実際、配光はとても美しく中遠方照射において充分な効果を発揮するものです。

風防レンズは低反射加工された耐衝撃性に優れたガラスレンズを使用。

TWX900-6
使用電池はCR123乾電池2本。バッテリースペースはタイトなので18650系の充電池は入りませんが、16340形充電池であればサイズによっては使用可能です。ボディチューブは分厚く丈夫なことが伺えます。電池はヘッドを外しても装填が可能です。

TWX900-3
テールスイッチとボディの間には止水用のOリングが2本入っております。単に強力な防水性を謳っているのではなく理由があります。先にご紹介したとおりこのライトは加圧式の二段階調光のライトです。常時点灯させるにはテールキャップをボディ側に向かって完全に締め込む必要があります。しかし、間欠点灯の際は常時点灯しなところまで少し緩めて使用する必要があります。緩めても止水を効かすためのダブルシーリングかと思います。
TWX900-5
さて、スイッチの感触ですが弱く押すとLowモードが点灯し、さらに押し込むとHiモードが点灯します。かなり弱く押さないとすぐにHiモードに入ります。Hiモードがメインの為、このような設定になっているのではないかと思います。実際、常時点灯の際はテールキャップを締め込むのですが、Lowモードでの常時点灯は出来ません。常時点灯はHiモードオンリーです。SUREFIREの場合はスイッチの中で接点が「動いている」感じが指先に伝わりますが、TWX900はそういった感覚は無く、LowからHiへはシームレスに調光する感じです。同じ加圧式スイッチでもSUREFIREとは全く異なるものになります。

TWX900-8
Lowモード 30ルーメン。さすがに暗いですが鏡面リフレクターの影響もあり、光りは結構飛びます。

TWX900-9
Hiモード 900ルーメン。中心光が明るく、ワイドな周辺光が広がります。屋内、屋外共に充分に広い配光が得られます。色温度も低めでアウトドアでの使用に効果的かと思います。最近ですと搭載LEDの違いもあって1000ルーメンを越えるモデルが多々ありますが、まぁ、そんなに変りませんね。明るいことに間違いはありません。

TWX900-7
ボディ径は1インチなので様々なアクセサリーが使えます。SUREFIRE CR-KIT01や、SKM工房 R-HOOK-6P カイダック製 フックも装着が可能。他にも調べればいろいろ付きそうですね。もちろん1インチ対応のマウントリングなどにも装着は可能です。

TWX900-4
タクティカルライトですから逆手に持って使いたいです。機能の使いやすさはユーザーによって異なります。メーカーは万人受けし易いモデルを作るのが基本ですが、このオリジナルライトのように「ある特定」のユーザーに的を絞って作るというのも面白いですね。決して多くの販売は望めないでしょうが、OTSのカラーを十二分に伝えることが出来るライトだと思います。正直、それって凄くカッコいいですね。

OTS (Operation Training Service) TWX900 タクティカルフラッシュライト