SWB-1
THYRM (サイレム) COSTA SWITCHBACK スイッチバック タクティカル フラッシュライトリング

本日ご紹介するアイテムはTHYRMブランドを代表するアイテムSWITCHBACK スイッチバック タクティカル フラッシュライトリングです。実弾射撃訓練教官として有名なクリスコスタ氏がTHYRMと共同開発したことで有名なアイテムでございます。日本でもコスタ氏のファンは多く、発売された頃はだいぶお問い合わせを頂いておりましたアイテムです。今更感も無きにしもあらずですが、、、ご紹介させていただきます。

スイッチバック(ラージ)はSUREFIRE社の1インチ径のパーソナルライトに装着可能な樹脂製のリング&クリップです。すべてのパーソナルモデルに装着可能な訳ではなく、一部製品では適合しない、もしくは都合よく使えないモデルも存在します。メーカーが公表する適合表があるので後ほどご確認お願いたします。
SWB-3
基本的にはテールキャップを外して本製品を装着して再度テールキャップを締め込むだけのものです。本製品が収まる部分はZ26ランヤードリング等が収まるスペースになります。テールスイッチがクリックタイプのものであれば付属するスペーサーとなるOリングを付ける必要ありません(モデルによっては必要かもしれないけど)。逆にモーメンタリースイッチの場合にはスペーサーのOリングを付ける必要があります、ただ、これも微妙なところでスペーサーを付けないほうが調子の良いものもありますし、付けないと微妙なものもございます。つまり、スペーサーの有無はユーザーが使うモデルや好みに因るので使用は絶対ではありません。

SWB-4
この穴の部分を押えてテールキャップを締め込んでいきます。とても合理的な設計です。本製品はやや柔軟性のある樹脂製です。ですからライト本体やネジ切り部を傷つけることはありません。とてもライトに優しい素材なのがいいですね。

SWB-5
カラーラインナップはブラックの他にUG(アーバングレイ)とTN(タン)がございます。UGはフォリッジグリーンにちょっと近いような渋いグレーで、TNはフラットダークアースよりは明るい茶色です。G2系のナイトロン素材との相性が良さそうですが、メタルボディのライトにつけても違和感なく使用が出来ます。

SWB-7
さて、ようやく使い方の本題ですが、このスイッチバックという製品は特殊なライトの持ち方が可能です。上記のように人差し指をリングに通した状態でリングにある突起状の物を親指で押すとリバウンドが中指伝わってテールスイッチを押すことが出来ます。


ライトをクルっと回転させて構え直すのがカッコいいですね。何事も上手くやるには練習が必要そうです。この構え方は両手で確りとハンドガンを握りながらもライトを確りと構えることが出来るユニークなものです。また、ハンドガンだけでなくハンドガードに付けられたバーティカルグリップを握った状態でもライトが構えられます。ライトをハンドガードに付けたくない、もしくは付けられないような銃でもライトが使用できるのが優れております。

SWB-6
このモデルが発売された当時の適合表。現在ではモデルチェンジ等しているアイテムもちらほらありますが、一インチ径のボディを持ったタクティカルライトであれば取り付けられる可能性は高いです。

SWB-8
何と言ってもクリップがSUREFIREに付けられるのは嬉しいですね。他のメーカーでも後付が出来るSUREFIRE対応のクリップはあるようですが、どれもイマイチに感じました。実際にいろいろ試したんですけどね、なかなかTHYRMより良いも安価で良いモノのを見つけることが出来ませんでした。また、SUREFIREが純正で出しておりますタクティカルリングも優秀ですが、あちらはゴムの摩擦のみでテールスイッチに付いているので「外れ難さ」という点でもTHYRMの方が勝ります。

THYRM SWITCHBACKはタクティカルユースはもちろんのこと、お手持ちのパーソナルライトをより機能的に変身させます。これからパーソナルライトを持ちたいなぁ〜とご検討の方には是非、ご一緒にご利用されることをおススメします。

THYRM (サイレム) COSTA SWITCHBACK スイッチバック タクティカル フラッシュライトリング