EXPLORE-1
SILVA (シルバ) EXPLORE エクスプローア 単三電池1本使用 LEDヘッドライト

本日ご紹介するアイテムはスウェーデンのSILVA社の新しいヘッドライト EXPLOREです。単三電池1本使用、MAX60ルーメン、2段階調のモデルです。輸入元の話では同社のRANGER(レンジャー)の実質的な後継モデルとのことです。RANGERも単セルのコンパクトなモデルでしたが、このEXPLOREは更なる新化を遂げております。

EXPLORE-3
基本的にはコンパクトさと軽量さを前面に出したモデルです。嵩張らず、携帯性に優れ、装着時のストレスの少ないライトな仕上がりが特徴です。ビビットなオレンジのバンドはアウトドアで映えるカラーリングですね。バンド幅は20mmと少し細いタイプです。マネキンの頭がかなり小さいのでさほど小さいようには見えませんが、1AAモデルのヘッドライトでもかなりコンパクトかと思います。

EXPLORE-2
使用電池は単三電池1本。乾電池かニッケル水素充電池が使用可能。バッテリーキャップは緩めた時に脱落しなよう本体と繋がっております。強く引っ張ると切れることもありますのでご注意を。バッテリーキャップはツールレスで着脱が可能。スイッチボタンのある側とはデザインが異なるので指先の感覚でどちらがバッテリーキャップだか分かり易いと思います。バッテリーキャップの締め方は本体側のガイドに沿ってキャップを合わせ、押しながら締めこむタイプ。スクリュータイプではありません。SILVAのこの手のモデルはボディサイズが華奢なので初期の頃のモデルはボディ側のガイドやキャップの止め具を破壊してしまう方が居ました。その頃のモデルに比べるとガイドも太くなっているのでその心配も少なくなっていると思います。

EXPLORE-4
レンズ部分に特徴があります。このヘッドライトには3色のLEDが搭載されております。メインの白色のLEDは中央にあるコリメータレンズのもの。この部分はクリアーで光りが飛ぶ感じになっております。対してサブLEDであるレッドとオレンジはフロスト加工されたレンズに覆われております。
EXPLORE-5
実際に照射すると拡散光となります。これまでこの手のサブLEDが付いたモデルでは砲弾型のLEDがそのままマウントされているものが殆どでした。点灯させると距離こそそこそこ飛びますが、近距離では砲弾型LED特有のモワっとした配光になってしまいました。照射範囲も狭く配光もお世辞にも綺麗とは言えないのが残念でした。デヒュージョンすることで明るさは落ちますが、元々近距離でのマップ確認などに使用するナイトビジョンなので配光は広く出来るだけ均一な方が望まれます。それを実現したのが今回のEXPLOREです。

EXPLORE-10
サブLED レッド照射。棚までの距離は約1m。頭に付けた状態でマップを見るには充分な照射範囲かと思います。

EXPLORE-11
サブLED オレンジ照射。珍しい色です。これまでに見たことがありません。いわゆる電球色(ウォームホワイト)ほど白くはなく、琥珀色(アンバー)ほど黄色くもない。気のせいではないと思いますが、若干グリーンが混じる感じ。何ともいえない不思議な見え方です。ただ、間違いなく言えるのは赤に比べ色の認識はこちらの方ができると言うことです。赤い光りは確かにナイトビジョンとして有効ですが、同じ赤色が認識できなくなります。マップに書かれた赤文字や境界線などが見えなくなるってしまいますが、このオレンジであればそうならないのがメリットです。

ちなみに、同じ部位にバッテリーの残量を示すインジケータランプがあります。消灯時に点滅してお知らせしてくれます。電池容量が充分だと緑に光るんですよ。このグリーンがオレンジの照射に影響しているのか?よく分かりません。

EXPLORE-6
アクセサリーとしてクリップ兼ヘルメットマウントが付属します。このクリップに付属する両面テープを貼り付けてヘルメットマウントとすることが出来ます。バンドを外して直接ヘルメットに固定できるアイテムです。また、クリップとしても使用が可能。このクリップを活用することで様々な部位に装着が出来ます。

EXPLORE-7
例えばリュックのストラップやモールなど、、、

EXPLORE-8
ヘルメットや帽子のツバなどにも。簡易的ではありますが、便利で面白いかと。しかも、マウントからライトだけを簡単に外すことが出来るので元のヘッドライトやハンディとして使うこともできます。

EXPLORE-9
配光は集光寄り。メーカーの製品説明にはお得意の「インテリジェントビーム」というワイドは配光、的なことが書いてありますが、同社の2灯モデルであるトレイルランナー2NINOX2などに比べるとやはり集光チックです。全く周辺光が無いわけではありません。それなりです。ただ、60ルーメンという割には明るく見えるのがSILVAの面白いところです。少なくとも旧モデルのRANGERよりはかなり明るくなっております。強力なヘッドライトではありませんが、歩く程度のスピードであれば十分な明るさであり、そのコンパクトかつ軽量なボディはアウトドアアクティビティで重宝されるでしょう。バックパックにポンと入れてトレッキングに出かけるにはちょうど良いヘッドライトかと思います。

SILVA (シルバ) EXPLORE エクスプローア 単三電池1本使用 LEDヘッドライト