S2-1
OLIGHT (オーライト) S2 BATON CR123A 2本 コンパクトLEDライト

本日ご紹介するライトはOLIGHTのS2 BATONです。先に発売されたS1 BATONの2セルモデルという位置づけ。電池一本分長くなってもS2の全長はわずか103mm。充分にコンパクトであり、MAX950ルーメンの明るいライトになります。より明るさを求めるユーザー向けのアイテムです。

S2-2
デザインや機能はS1のそれと同じ。電池を収納するボディが長くなり、CR123乾電池2本または18650形のリチウムイオン充電池1本で点灯します。5段階ある調光機能を有し、ハイルーメンから微光モードのムーンライトモードまで幅広く使い分けられます。順手持ちでコンパクト、ジャケットの内ポケットに挿しておくにはちょうど良いサイズ感のモデルでございます。

S2-3
ただ、、、S1のボディを長くしたライトではなさそうです。ヘッド径がなぜか若干大きいのです。S1で使用可能なワンド類が使えません。なぜ同じヘッドを使用しないのか、その理由が分かりませんがアクセサリーが使いまわせないのは少々残念。

S2-4
TIRレンズを使用。ブルーのPVDコートされたステンレスベゼルを装備。短く切り詰められたヘッドからはムラのない美しい円形光が放たれます。リフレクターと異なり中心光はなく全体的に明るくなる感じ。S1を使用しているユーザーであれば気に入っていただけるものだと思います。

S2-5
お馴染みのマグネット仕様。テールキャップに強力なマグネットが内蔵されており、鉄などの金属面に取り付けることが出来ます。S1よりはボディが長いので大丈夫だろうかと不安に思いましたが、全く問題ないようです。バチーンと張り付きますので安心してお使い下さい。

S2-6
電池の装填方向は相変わらず+がテール側に来ます。ボディにもマーキングがしてありますので分かり易いかと思います。ただ、慣れている人ほど間違えやすいところなのでご注意ください。コンパクトでスリムなボディながらバッテリースペースは充分にあり、弊社で販売する3000mAhの充電池でも余裕で入りました。

S2-7
順手持ちのデザインのライトとしてはとても優秀。強いて言えばスイッチボタンがあまり凸ってないので厚手のグローブをすると暗所でスイッチの位置が分かり難いです。このシンプルなデザインを生かすには致し方ないのかも知れませんが、ちょっと気になる点でした。EDCライトとして日々携帯するような使い方であれば、不便を感じるところは殆どないと思います。

S2-8
950ルーメンと言う数値ですが、中心光がくっきりと出るリフレクターモデルに比べるとぼんやりとした感じるかも知れません。配光はユーザーの用途と好みに因る部分が大きいので何とも言えませんが、手元の作業やちょっとした暗所を照らすにはちょうど良い配光です。明るさも十分にありますし、消灯時のモードを記憶するメモリー機能もありますので操作について深く考えなくても充分に使えるライトだと思います。

S1のヒットにあやかれるか?そんな期待もありますが、順手持ちのコンパクトライトと捉えればどなたにもおススメできる素直で明るいライトだと思います。

OLIGHT (オーライト) S2 BATON CR123A 2本 コンパクトLEDライト