z2la19-1
KANEDEN (カネデン) SUREFIRE A19互換 エクステンションチューブ

先日ご紹介しましたA19互換の延長アダプターを活用しようと手持ちのSUREFIREに付けて試しております。上の画像の組み合わせは廃盤となっておりますZ2 LED COMBATLIGHTにA19を2本繋げたもの。使用電池はUR16650リチウムイオン充電池を2本装填してます。かなり長く不恰好ではありますが、なかなかどうして便利に使っております。

z2la19-3
当初はP3XにA19を1本足してUR16650を突っ込んで使っていました。明るいですし、ランタイムも充電池を使用している割にはまぁまぁの連続点灯が出来ました。ただ、やはり1000ルーメンの連続点灯となるとヘッドは熱くなりますし、充電池の消耗も激しいので過放電になるのではないかとヒヤヒヤしながら使っておりました。正直、自分が日常で使用する限りは1000ルーメンも使うことは稀でかといってLowモードの15ルーメンでは心もとないし、、、ちょうど良いところの明るさのモジュールは無いかなぁ〜とコレクションを漁って見つけたのがZ2 LEDでした。タクティカルグリップのゴムはかなり傷んでいたので外してしまいました。Z2 LEDを使ったのは何時か最後だったか、、、思い出すことも出来ないほど前だったような気がします。

z2la19-4
確かヘッドのKX4は80ルーメンから120ルーメンにマイナーチェンジした時のものと思われます。KX4は9Vまで対応しておりますので問題なく点灯しました。改めて見てみると十分明るいですし、ワイドな配光。搭載LEDのP4は色温度高めで青白っぽい。なんだか懐かしくなりました。キセノンバルブからLEDに移行する過渡期のモデル。当時はこの白い光りに驚いたものです。

z2la19-5
で、使ってみるとこれが良い感じでした。ワイドな周辺光と浅いリフの割には中心光がハッキリとでる配光。今見ても少しも不足を感じないものでした。

z2la19-6
10mでの照射。10m先では中心光しか届いていないように見えますが、周辺光は充分に感じられますし、歩いて使うには必要充分な明るさと配光なのでかなり気に入っております。なによりこの季節のせいもありますが、ヘッドは熱くなりませんし、ボディが長いので連続点灯させても全く熱は伝わってきません。たまに大丈夫かな?とヘッドを触ってみたりして(笑)。ランタイムも優れたものでご機嫌です。

z2la19-7
ボディが長いと順手持ちもし易いです。長いといっても20cm程度に収まりますからバックに入れてしまえばさほど邪魔にも感じません。私としては使っていなかったモデルを活用することができ、且つ自分の好みの明るさと配光を思い出すことが出来たのが収穫でした。

KANEDEN (カネデン) SUREFIRE A19互換 エクステンションチューブ