xplhi-1
H2T 雷光壱眼 XP-L High Intensity P60互換 ドロップインLEDモジュール

H2TからSUEFIREの6P,9P系のパーソナルモデルに入る新しいモジュールが入荷しました。その名もXP-L High Intensityです。High Intensityを訳すと高輝度となります。つまり通常のXP-Lよりも高輝度のものという意味らしいです。輝度(きど)とは懐中電灯の性能で言えば「眩しさ」になります。

xplhi-2
上記が通常のXP-LのLED。ドーム状の封緘樹脂に覆われたものです。High Intensityはフラットな板状のもの。この違いは光源の大きさに影響します。光源が小さく明るく光るほど輝度が高くなるわけです。あくまでも懐中電灯での話しなのであしからず。光源が小さくなると同じ広さの同じ深さのリフレクターであれば、より中心光は小さく、明るくなります。代わりに、周辺光は暗くなり、その範囲も狭くなります。また、リフレクターの角度等が搭載LEDに対して最適化されていないと配光にムラが生じます。

xplhi-4
近距離での照射では高輝度モデルにリング状の影が若干確認できます。これが実用上どこまで許されるか、、、ユーザーの判断に因るところが大きいですが、遠方への照射であればさほど気にならない程度のものです。無段階で調整可能なフォーカスレンズ式のモデルでも同様のリング状の影が出るライトは多いので「こういうものだ」との認識がある方であれば気になるものではないでしょう。

xplhi-5
10m先の棚への照射を見ていただくと分かると思いますが、中心光の広さが通常のXP-Lの方が広いのが分かります。高輝度モデルはその部分が狭くなりより明るくなっております。つまり、中心光が狭く明るいほど遠方の照射には適しております。6Pサイズのヘッドでどこまで遠方照射効果が得られるか若干疑問ですが、ターボヘッドのように初めから集光照射を目的としたモデルであれば、High Intensityの方が適しているのかも知れません。

xplhi-3
P60キセノンバルブ互換のLEDモジュールも随分と種類が増えました。それだけユーザーの細かなニーズに応えら得るモデルが増えたと言うことですが、初めて購入される方は「どれが、どれだか、、、」と混乱してしまうのでないかと少し心配になってきました。疑問に思う点がございましたら弊社のお問い合わせフォームよりご質問お願い致します。

H2T 雷光壱眼 XP-L High Intensity P60互換 ドロップインLEDモジュール