DELTA-1
Karrimor (カリマー) SF DELTA (デルタ) 25 リュックサック 25L

本日ご紹介するアイテムはイギリスのアウトドアブランドkarrimor(カリマー)のミリタリーブランド karrimor sfのDELTA (デルタ)シリーズでございます。デルタを文字通りに読むならば三角形のΔを想像しますね。バックの形状は角の取れた三角形のようなもの。恐らくその形からその名が付いたものと思われます。

DELTA-2
デルタはカリマーsfがリリースする数多くのバックパックの中でも「最も普通」な感じのモデルです。鬼モールの付いたpredator(プレデター)シリーズのようなミリタリー感も、sabre(セイバー)シリーズのような山岳チックな雰囲気も薄いです。また、hydroほどスポーティーな感じもありません。言わば普通のデイパック的なモデルです。

しかし、普通がゆえに「日常の使い易さ」を備えたモデルでもあります。チェストハーネスとウエストベルトを装備し、ショルダーハーネスにはその両方にDリングを備えております。カラビナ等を引っ掛け易く何気に便利です。

背面には伸縮性のあるエラスティックテンションコードを装備。熱くて脱いだジャケットやウィンドブレーカーを挟んで引っ掛けることが出来ます。また、ボトムの左右の大型のメッシュ収納部を持ちます。水筒やペットボトルなど後ろ手につかんで出しやすいデザインになっております。

DELTA-3
広く開いた背面部。
リュックの中でもある意味装着感に関係する最も重要な部分がここです。空気が通り易く蒸れにくいのが特徴。非常に装着感は良好です。また、ザック内側にはハイドレーションシステム用のポケットがあり、ハイドレーションホースをショルダーストラップに引くことが出来ます。スポーティーな使用にも充分使えます。

DELTA-4
背面部のパッドは分厚くクッション性に優れます。表面はメッシュ加工されて肌触りもよく、夏場でも快適な装着感が得られます。厚みのある背面パッドと大胆に設けられた溝が非常に印象的です。

ウエストベルトの基部はウレタンコーティングされたメッシュになっており収納箇所はありません。また、ウェイビングも無いのでポーチの増設も出来ません。丈夫で軽量で蒸れ難いものですが、個人的にはちょっと残念な部分ではあります。

DELTA-5
バック内部はPU加工された防水性に優れたファブリックを使用。また、ジッパー部分も止水加工されており少々の雨であれば充分に凌ぐことが出来ます。メインコンパートメントはオーソドックスな開き方なので書類などを入れるのも簡単です。頻繁に収納物を取り出すにはやはりこれが一番いいのかな?と思います。財布や鍵を入れるのに適したメインとは別の収納部もあり、日常での使い易さを考慮したと思われるデザインを感じることが出来ます。

DELTA-6
DELTA 25は日帰り旅行やトレッキング、そしてタウンユースにも使える「一番クセのないkarrimor sf」です。しかし、使用している素材及び機能は確りとミリタリー規格です。小容量に絞ることで普段使いに適したサイズと軽さが魅力。ミリタリー、セキュリティー関連の分野の要望に応じて作られた小型デイパックがDELTAシリーズです。

サイズは今回紹介した25リッターとその上の35リッターがあります。

Karrimor (カリマー) SF DELTA (デルタ) 25 リュックサック 25L
Karrimor (カリマー) SF DELTA (デルタ) 35 リュックサック 35L