WALTHERXT12-1
WALTHER (ワルサー) TACTICAL XT2 タクティカル LEDフラッシュライト

本日ご紹介するのはWALTHER(ワルサー) Tactical XT2というライトです。タクティカルという名前が付いておりますのでタクティカルライトな訳ですが、確りと調光もでき、おまけに赤、青、緑のフィルターがセットになります。多目的な使用も可能な内容になっております。

使用電池はCR123乾電池2本使用。全長139mm アルミ合金のボディにHA処理が施されたもの。外観的なスペックはタクティカルライトとしては非常にオーソドックス。この手のライトをお使いの方には馴染みのあるデザインとサイズ感かと思います。

WALTHERXT12-3
テールスイッチはプッシュ式。半押しでの間欠点灯は出来ません。基本常時点灯のみ。1回プッシュするとHiモード600ルーメン点灯、続けて2回押すとLowモード150ルーメン、3回押すと消灯します。消灯もしくは何れかのモードの時に長押しするとオートストロボとなります。オートストロボをキャンセルするにはもう一度スイッチを押すと消灯します。必ずHiモードから始まる点や何れのモードからもオートストロボに入るところがタクティカルですね。しかし、やはり間欠点灯は使えた方が便利ですし、タクティカルライトを謳うならば付けて欲しい機能ですね。

スイッチボタン自体は大きくて押し易い。誤点灯し難いデザインも良いと思います。付属のランヤードリーシュを取り付ける為のダブルリングが付いており、脱落防止に便利。

WALTHERXT12-4
低反射加工されたガラスレンズの向こうにはCREE XM-L2が搭載されております。リフレクターは細かな凹凸のあるOPリフレクター。リフ自体はさほど深くはありません、スタンダードな感じ。レンズの後継も26mmとこちらもよくあるサイズ。集光というよりは拡散系の配光となります。

WALTHERXT12-6
把持部はエルゴノミックな凹凸のあるボディなので持ちやすく、各所に滑り止めのローレットが刻まれているのでグリップ感は良いです。

WALTHERXT12-7
Hiモード600ルーメン。ワイドな拡散光。照射距離も充分。ターボモードなど無く安定した照射が可能。このクラスのタクティカル系のライトとしては標準的で誠実な数値です。逆に言えば特に驚きもありません。

WALTHERXT12-8
Lowモード 150ルーメン。このモードがなかなか秀逸。調光可能モデルでHiとLowの二段階だった場合、多くのモデルがその数値に大きな隔たりがあるのですが、2段階でLowが150ルーメンというそこそこ明るい数値を出しているモデルはあまりありません。常時点灯しても全くヘッドが熱くなることもありません。かといって、手元や足元だけを照らせるLowではありませんので使い勝手は非常に良い明るさです。2段階という少ない調光操作も相まってプッシュ式スイッチでもさほどストレスを感じないのがXT2の良いところだと思います。

WALTHERXT12-5
遊牧舎工房 VP-02 SUREFIRE 6P系 ベゼルダウン レザーホルスター にピッタリ。ジャストサイズです。

良くも悪くもスタンダードな感じのLEDライトです。たくさんこの手のライトは見てきていますが、突出した点が無い、と言うことは概ね使い易いモデルが多いと思います。殊更ルーメン値が高いだけで数分しか使えないモデルに比べればどれほど実用的か、手元足元しか照らせないLowモードってどうよ?と思っている方は少なくないと思います。

絶妙に凡庸なところがこのWALTHER Tactical XT2最大の魅力です。

WALTHER (ワルサー) TACTICAL XT2 タクティカル LEDフラッシュライト