GLOTOOB-1
GLO-TOOB (グローチューブ) AAA 単四電池1本使用 防水パーソナルマーカー

夏のイベントやレジャーに向けておススメのアイテムをご紹介致します。

GLO-TOOBはいわゆるマーカーライトと呼ばれるアイテムです。モノを照らすのではなく「ここにいるよ〜」と周りに知らせるのが主な目的のライトです。今回ご紹介するGLO TOOB AAAは単四電池1本を使用したコンパクトなモデルです。単四電池1本というお手軽さがなんと言っても良いですね。このシリーズのライトは他にCR123リチウム乾電池と23Aという12Vの特殊な電池を使用したものがあります。CR123モデルは別として23Aを普段お見かけする機会はないですよね。もっと気軽に使えるバッテリーを使用したモデルを探していた次第です。既にだいぶ前からこのアイテムを販売したいと思っておりましたが、諸事情で今日に至ったのは私の力不足の他ありません。

GLOTOOB-2
さて、話は製品に戻ります。AAAモデルはブルー、アンバー、ホワイト、レッド、グリーンの5色展開。こうして並べて点灯させると美しい、、、です。リチウムモデルと比べるとかなりリーズナブルでなところもポイント高いです。色の綺麗なマーカーライトを並べるとなぜか心躍ってしまいます。なにか面白いことに使ってやろうとワクワクしてしまいます。

GLOTOOB-3
電池を装填するボディ本体はアルミ合金。それを覆うように樹脂のカバーが付いており、内部のLEDが点灯するとそのカバーを導体として光を発する仕組みです。ただ、内部はLAZERBRITEのように空洞になっているわけではありません。正直あそこまで綺麗にチューブを光らせることは出来ません。どちらかと言えば光源部分の光りが内部のリフレクターに反射して四方に広がっている感じです。

GLOTOOB-4
スイッチはツイスト式。締めると点灯し、少し緩めると消灯します。連続して締める緩めるを繰り返すことでモードを切り替えることが出来ます。モードは3タイプあり、Hi→Low→ストロボ点滅→Hi、、、の順でサイクルします。CR123タイプは豊富なモードが用意されておりましたが、AAAは3タイプのみ。まぁ、実用性という点ではこれで充分かと。出来れば点滅はもう少しスローでホワっとしたものにして欲しかったです。また、クリック式のスイッチがCR123には付いておりましたが、AAAはツイストスイッチのみ。クリックスイッチは構造上防水性がそこまで高くありません。ゴムカバーは劣化しますし、切れてしまうこともあります。防水性、耐久性、耐侯性という点を鑑みればツイスト式だけで事足りるので敢えて付属させていないのかも知れません。値段が安いのも関係していると思います。

GLOTOOB-6
長さ75mm 直径19mm 重量約34g(電池含)。小さくて軽いです。やっぱりこれくらいのサイズが良いですね。このサイズだったらキーホルダーとして使ってもさほど邪魔ではないかも知れません。GLO TOOBにはダブルリングが付いているのでファスナーに付けたり、カラビナに引っ掛けたりなど様々な箇所に付け易くなっております。ランタイムはHiモードで4時間、Lowモードで15時間。この手のマーカーライトとしてはややランタイムが短いです。まぁ単四電池1本ですから仕方ありません。普段から良く使う方は予備の電池も持ちましょう。

GLOTOOB-7
メーカーの表記するアイコンのように、登山や自転車、カヌーにオートキャンプ、ハイキングにマリンレジャー、釣りに洞窟探検にダイビングにキャンプ!!あらゆるシーンに使えます。他にも使用例は枚挙にいとまがありません。グローチューブは周囲に知らせるマーカーとしての役目だけでなく、ミニランタンとして手元を照らすことも充分出来ます。優れた防水性とこのコンパクトなサイズ、そして豊富なカラーバリエーションは様々なシチュエーションで活躍してくれることでしょう。

GLOTOOB-10
Maxpedition (マックスペディション) SITKA GEARSLINGERに付けたGLO TOOB GR
リュックやバックに付けてもさほど大きなものではないので違和感ありません。非常にスタイリッシュでクールです。しかも、これ一つを付けているだけで暗闇での安全性と利便性は格段に向上します。ハンディライトやヘッドライトなどとは別にこのようなマーカーライトを持っているとアウトドアでのイベントがもっと楽しくなりますよ!この夏の一押しアイテムとしておススメ致します。

GLO-TOOB (グローチューブ) AAA 単四電池1本使用 防水パーソナルマーカー