TREVENT
上州武尊山スカイビューウルトラトレイル

トレイルランレースをご紹介します。弊社販売のスウェーデンブランドのSILVA(シルバ)が協賛として入るそうです。最新のトレイルラン用のアイテムを実際に手に取り、手持ちのある方であれば当日レースで使用することも出来ます。

群馬県のみなかみ地域の雄大なトレイルを眺めながら走る約120キロに及ぶレースです。夜間も走らなければならないレースになりますのでヘッドライトは必須アイテムです。明るさも重要ですが、配光やハンディで持つライトとの電池互換性、重量など様々な要素を考慮する必要があります。SILVA製品はどれもおススメですが、実際、レースで御利用されるのであれば、以下のような製品がおススメです。

TRAILR2
SILVA (シルバ) TRAIL RUNNER2 トレイルランナー2 LEDヘッドライト
単四電池3本使用。光源とバッテリースペースが前後に分かれたタイプ。ヘッドが非常に軽量なので首への負荷が少なくバランス良いモデル。明るさも140ルーメンと充分であり、ワイドで均一な配光が魅力です。トレラン用としては最も人気があります。

TRAILR3
同じく単四電池3本使用。バッテリースペースと光源が一塊のタイプ。コンパクトに収納出来、とても軽量です。単四電池3本なのでそこまで首への負荷はありません。性能は上記のトレイルランナー2と同じ。若干お値段は安くなっております。

CROSST
SILVA (シルバ) CROSS TRAIL 2 4AA LEDヘッドライト
単三電池4本使用。セパレートモデルで且つ延長ケーブルにより腰元への装着が可能なモデル。頭部が非常に軽量にでき、且つ明るく点灯時間も長くなります。ケーブルがあるので多少わずらわしい。明るさは250ルーメンとトレイルランナー2よりも明るいので明るさを求めるならこちらがお勧め。

TS
SILVA (シルバ) TRAIL SPEED トレイルスピード 4AA LEDライト
同じく単三電池4本使用。クロストレイル2よりもさらに明るい400ルーメン!周辺光の明るさではこちらに分があります。こちらもセパレート式なのでケーブルのわずらわしさは有りますが、ヘッドは金属製でさらに小さくなっております。明るくて広い範囲を照らすので、後続のランナーがぴったりと付いてきて困る(笑)らしいです。

このあたりがトレランでは人気のモデルです。
充電式のモデルなどもございますが、充電する手間を考えると予備の電池を持った方が楽なので乾電池式をおススメします。実際に数々のレースに参加されているランナーの方のレビューもございますので、そちらもご利用前にご参考にしていただければ幸いです。
SILVA TRAIL SPEED (シルバ トレイルスピード)レビュー