MOLLEMOUNT-1
FIRST-LIGHT USA (ファーストライト) TRS MOLLE BLADE MOUNT

本日ご紹介するアイテムはFIRST-LIGHT USAのアクセサリー「モールブレードマウント」です。ベストやアーマー、ベルトやバックなどウェイビングの付いた装備品に装着し、同社のライトをマウントさせるためのアイテムです。

MOLLEMOUNT-10
こんな感じで装備します。

ライトはワンタッチで脱着が可能。ライトを装備し携帯する目的の他、アーマーの胸部に付ければハンズフリーライトとして使用することも可能です。マウント自体のモールへの取り付けも簡単です。ロックをすることで外れ難くなっておりますので脱落の心配もありません。また、マウント部分は4箇所の穴があり、ブレードテック社の規格に準じたものになります。同社が販売する様々なアクセサリーに取り付けることも可能です。

MOLLEMOUNT-9
例えば、ブレードテックのTEK-LOKベルトループに付ける事も可能。通常はバーティカル(縦方向)に付けるかも知れませんが、おススメはホリゾンタル(横方向)!フィンガーループに人差し指を掛けた状態で、ロックを親指で解除しながらスライドさせると縦方向よりもスムーズにリリース出来るような気がします。まぁ、お好みですなんですが、腰に装着する場合、車に乗ったり、デスクワークの時は縦よりも横の方がライトが邪魔にならないと思います。あくまでもTEK-LOKを使用した場合の一例でございます。

MOLLEMOUNT-4
で、製品の詳細に戻ります。
このマウントキットには2種類のアダプターが付属します。一つはT-MAX及びトマホークシリーズ用、もう一つはTORQ用のアダプターです。アダプターの装着の仕方はライトによって異なります。T-MAXシリーズの場合、テールキャップとテール側のOリングを外し、元々付いておりますボディを覆うゴムスリーブを外してアダプターと付け替えます。結構面倒です、、、。対してTORQはこの辺りがだいぶ簡単になっております。テールキャップを外し、元々付いているクリップをスライドさせて外し、アダプターに差し替えるだけ。やはり後発のTORQの方がよりシステマティクになっているのがよく分かります。

MOLLEMOUNT-3
T-MAXのゴムスリーブは外すのも付けるのも「エイっ!」とやる必要があります。頻繁なアダプターの脱着には向きません。まぁ、アダプター自体使用上邪魔になるものではないので、ゴムスリーブに拘らないのであれば、付けっぱなしでもいいと思いますけどね。
MOLLEMOUNT-7
モールへの装着は、スライドロックを左右に開き、ブレードをモールに差し込んで再度ロックをはめ込むだけ。
MOLLEMOUNT-8
モールは1列分だけ使用しますのでさほどスペースを取りません。カチャっと音がするまで確りとロックしてください。特に工具は必要としませんが、やり難かったらネジを緩めてバラしてから付けるのもありだと思います。

クリップだけでは脱落が不安、かといってこの形状のこのサイズのホルスターはなかなか見つからない。筒状のライトとは全く異なるコンセプトで作られたFIRST LIGHTならではのアイテムです。

FIRST-LIGHT USA (ファーストライト) TRS MOLLE BLADE MOUNT

品切れしておりましたその他のライト本体も概ね入荷完了しました。是非、ライトもご検討お願い致します。FIRST-LIGHT USA (ファーストライト)