SG330-1
GENTOS (ジェントス) 閃 SG-330 単三電池2本使用 LEDライト

昨日ご紹介した単四電池3本仕様のSG-335に引き続き、単三電池2本仕様のSG-330についてご紹介します。SG330は閃シリーズの新型 スライド式フォーカスレンズを搭載したモデルです。細身のボディと相まって従来のツイスト式に比べ大幅に操作がし易くなっております。

SG330-2
SG-330はテールスイッチが半押しの間欠点灯(モーメンタリー)が使用可能です。軽く押すと点灯し、離すと消灯します。クリック音がするまで押し込むと常時点灯し、再度クリックすると消灯します。逆手に持っての操作であればこちらの方が使い易いかも。

調光機能は無くMAX150ルーメンのシングルアウトプット。余計な機能が無いのもこのライトの特徴の一つです。明るさも極端に明るい訳ではなく、2AA仕様では真っ当なスペックかと思います。

SG330-5
スライド式のフォーカスレンズを操作する際は順手に持ち変えると行い易いです。SG-335に比べボディが細いので親指と人差し指でクイっと前後にスライドさせることが出来ます。動きもスムーズで良い感じ。

SG330-3
どっしりと安定感のあるヘッド。回転防止機能を兼ねたベゼルは優秀です。

SG330-6
ワイド照射では中心光の無いフラットで見やすい配光。近距離でも中心部分だけが明るくならないので、文字の確認などにも適しております。「面」で照らしたものには最適です。

SG330-7
遠くを照らすにはヘッド前へとスライドさせます。焦点が絞られ、ピンポイントに照らします。至近距離ではレンズ照射らしい影が出来ますが、遠くを照らすと殆ど気にならなくなります。夜の散歩やランニングが楽しくなるライトかと思います。LEDと言う光源は現状明るければ明るいほど熱を発します。単三電池2本でも300ルーメン以上だせるモデルも存在しますが、連続点灯となるとやはりこれくらいの明るさが適当です。

SG330-4
製品各所の仕上がりは確実にシリーズ最高の出来栄えです。確実に以前のモデルよりも良くなっております。閃シリーズは息の長いモデルですから今回の新型もしばらくはこのままかな?って感じですね。GENTOS SG330は簡単操作の「ちょうど良い」単三電池2本使用のライトかと思います。LEDライトを持ってみたいと思う方におススメです。

GENTOS (ジェントス) 閃 SG-330 単三電池2本使用 LEDライト