SG3-1
GENTOS (ジェントス) 閃 SG-330 単三電池2本使用 LEDライト
GENTOS (ジェントス) 閃 SG-335 単四電池3本使用 LEDライト

ジェントスを代表するシリーズ閃(SENN)シリーズがついにリニューアルされました。マイナーチェンジが一度あり、その後は新商品の追加もなくその後NEXERAシリーズが投入されたので閃はフェードアウトするのかと思っておりました。やや内容が被るラインナップですが、閃シリーズは継続となるようです。

そして、今回発売された閃はデザインから機能までフルモデルチェンジです!全体的な雰囲気は従来品を踏襲し、各所に改良と変更が加えられております。「GENTOSがこれやっちゃっていいの?」的な部分もあるライトですが、リーズナブルな価格で充分使える仕様に仕上げている辺りはさすが人気シリーズだと思いました。メーカーの意気込みを感じるアイテムです。

アイテムは単三電池2本仕様のSG-330と単四電池3本使用のSG-335の二点。本日は単四電池3本のSG-335よりご紹介いたします。

SG3-2
SG-335は全長115mm 重量122g(電池込み)。比較的コンパクトで持ちやすいサイズと重さのライトです。ヘッドより下の部分は従来型と似ております。細かな部分は異なるかも知れませんが、性能的な違いは無さそうです。一番の変更点はヘッドにあります。
SG3-4
従来品は円筒形のヘッドでしたが、今回のモデルからおにぎり型の丸みをおびた三角形をしております。従来品に比べ卓上での転がり防止性が向上しました。また後ほど紹介しますが、ワイド、スポットの切替もこのデザインにすることでかなり改善されました。
搭載LEDも新しいものに更新され、明るさは各モデルとも50ルーメンほど明るくなっております。レンズは凸型のものを採用し、落下時の衝撃からレンズを守るためのベゼルが前へと伸びております。このベゼル周りの出来栄えがカッコいいです。レンズ自体は樹脂製ですが、なかなか綺麗なものです。レンズリテーナーの下には厚めのパッキンがあり防塵、防水性に関しても従来品に比べると良くなっていると思います。メーカーの公称値に関してもIPが67もありますので懐中電灯の防塵、防水性能としてはかなり高めです。

SG3-6
そして従来品と最も異なるのがこの「スライド式」のフォーカスヘッドです。GENTOS製品は「ツイスト式」のものしかありませんでしたが、このモデルからヘッドを前後にスライドさせるだけのものになりました。まるで!LED LENSERのようです。ヘッドをつまんで前後に動かすだけで無段階に照射範囲を広げたり、狭めて使うことが出来ます。広くすると手元を広く明るく均一に照らし、絞ると遠くを照らせるようになります。で、先にご紹介したおにぎり型のヘッドデザインですが、親指と人差し指で伸び縮みさせる際に非常に指にフィットした形状をしております。ツイスト式に比べると素早く、簡単に操作できます。
伸び縮みの感触ですが、個体差かも知れませんが、単三電池2本のSG-330に比べるとちょっと渋いです。ボディの径が太い分、抵抗が強くなるのかな?ほんと個体差かも知れませんけどね、ちょっと気になりました。

しかし、これは一線を越えた機能ですね。

SG3-5
電池は単四電池3本使用。樹脂製のカートリッジに入れて装填します。万が一、電池を液漏れさせてしまってもカートリッジの交換で修理可能な場合が多いのでこれはこれで良いんですよね。

SG3-3
スイッチはテール部分に大きく押し易いプッシュ式のスイッチボタン。オレンジ色は閃シリーズの特徴ですね。鮮やかに目立ちますので良い目印になるかと思います。SG-335は1回押すと点灯し、再度押すと消灯します。調光や点滅機能は無くON/OFFのみ。また押している時だけ点灯する間欠点灯(モーメンタリー)はありません。常時点灯のみのシンプルなものです。

SG3-8
最ワイド 照射距離約2m
ワイド照射は結構広いです。しかもフラットで見やすいものです。一番明るい状態で200ルーメンですから手元足元であれば必要にして充分かと。無駄に明るくないのもこのシンプルな操作性を重視するユーザーに対しては優しいさと感じられる部分もあるかと思います。

SG3-9
最スポット 照射距離約5m
スポットの状態だとかなり絞られます。至近距離ではほぼ四角い形。距離が離れるにつれ、広がって行きます。従来品に比べると狭角な配光ですが、極端に狭いわけでもありません。絶妙な感じです。細い光軸を期待の方には少々物足りない部分もあるかもしれませんが、実用性を考えるとこれで充分かな?とも思います。そもそもレンズがそこまで大きく厚みのある物ではありませんから。

SG3-7
ポケットに収めるにはちょうど良さそうなサイズです。かつて人気を博したモデルの後継だけに期待できるモデルかと思います。ツイスト式のメリットも多いですが、やはり、スライド式のヘッドは非常に使い易く、同社の他のシリーズを圧倒するかも知れません。それくらい今回の新型は、GENTOSが未到達だった領域に深く突き立てた1本になるかと思います。

GENTOS (ジェントス) 閃 SG-335 単四電池3本使用 LEDライト