TORQ-1
FIRST-LIGHT USA (ファーストライト) TORQ トルク 単三電池2本使用 LEDタクティカルライト

本日はメイドインUSAのタクティカルライト FIRSTLIGHT USAのトルクをご紹介します。
ファーストライトUSAは米国を拠点に展開するこれまでにない画期的な操作性を実現したユニークなタクティカルライトを製造するメーカーです。これまでにトマホークシリーズなど軍や法執行機関への納入実績を持つゴリゴリのMIL/TAC系ライトなのですが、グリップを握るように持つスタイルや親指一本ですべての操作を完遂できるその操作性はEDC(EVERY DAY CARRY)のライトとしてもおススメできる一本でございます。

TORQ-3
FIRSTLIGHT USAの特徴の一つであるスイッチ周り。ボディのスタイルはL字型のライトに属しますが、スイッチボタン類はすべて上部に集中しております。グリップを握るようにライトを持つと自然と親指がスイッチ類に届くデザインをしております。また、タクティカルライトらしく、3個あるボタンはそれぞれ瞬時の動作に適した違和感の無い動きに対応した配置と機能の振り分けがされております。モデルによってそれぞれのボタンの機能は異なりますが、ユーザーから向かって手前にあるモーメンタリースイッチは共通しております。

TORQ-4
上記のようにライトを持ち替えたりしなくても、すべてのスイッチに指が届きます。多少手の大きさも影響するかも知れませんが、USAメイドだからと言って殊更大きいとは感じません。日本人の成人男性であれば充分に指が届く範囲かと思います。もちろん、利き手の違いもありません。
ホームポジションの状態でいつでもモーメンタリースイッチは即押すことが出来ます。モーメンタリーは押している時だけ点灯し、離すと消灯します。常に最も明るい状態で光ります。トルクの場合、プライマリースイッチを押すと常時点灯します。常時点灯した状態でもモーメンタリーは作動するので、ローライトで常時点灯しながら移動し、MAXで光らせたい時だけモーメンタリーON!などの操作が可能です。

TORQ-7
トルクにはリフレクターの中心にあるメインの白色系LEDの他にベゼルに3種類のサブLEDがあります。湾クリックすると設定されたカラーが常時点灯。点灯後長押しすると3段階の自動調光になり、任意の明るさで指を離すとその明るさが設定され次回点灯時も再現されます。LEDのカラー自体をチェンジする場合は消灯状態から長押しすると色が自動的に変るので調光時と同様に任意の色で指を離すとそのカラーが固定されます。サブLEDはさほど明るいものではなく、暗所での夜目の保護や、IDやマップのチェックなど至近距離での様々な用途に使うことを前提としたものになります。

TORQ-5
「トルク」という品名の由来と思われるのがこの機能。ヘッドは320度回転し、指を掛けるフィンガーループも約90度可動いたします。従来のモデルに比べこの点はかなり進歩した部分になります。と言うのも、このトルクは別売のMOLLEアクセサリーなどを使用するとウェビングモールを装備するタクティカルベストやバックなどにマウントさせることが出来ます。そのままハンズフリーライトとして角度を付けて利用したり、ハンドガンとの併用時に微妙な角度の調整やフィンガーループの掛かり具合などユーザーの細かな要求に応えられるよう工夫されております。

TORQ-6
使用電池は単三電池2本。CR123を使用したT-MAXシリーズに比べると大型なボディになりますが、一般的な筒型のフラッシュライトに比べれば全長は短くコンパクトに仕上がっております。裏蓋には防塵防水のパッキンがあり、必要十分な防水性能を持ちます。ただ、ちょっと残念なのが電池の装填方向がボディに記されていないことです。最初のうちは間違って装填してしまうこともあるでしょう。装填方向を間違っていると蓋を閉めることが出来ないので間違っていると分かると思いますが、少々不親切かな?と思いました。

TORQ-8
サブLEDは至近距離用ですね。明るく照らせるものだとは思わないで下さい。ただ、消灯時からプライマリーを長押しし続けると「白、赤、緑」が交互にオート点滅する機能があります。何かの威嚇くらいにはなるのでしょうか?ライト好きとしては「面白い」と思ってしまいます。

TORQ-9
10m MAX155ルーメン

スムースリフレクターによる集光パターンです。周辺光はさほど明るくなく、広くもありません。ルーメンの割には強い光軸が発生し、スポットに目標を照らします。単三電池2本のモデルとしては現実的かつ充分タクティカル性のある照射光かと思います。

TORQ-2
ボディはグレーとコヨーテブラウンの2色展開。ボディは耐衝撃性に優れたポリマー樹脂とゴムで構成されております。3mの落下衝撃に耐える強靭なボディは魅力。しかも軽量で取り扱いが楽です。また明るさもMAX155ルーメンと酷く明るくは無いので常時点灯でも熱を帯びることもなく使用が可能です。明るさが抑えられているのも樹脂ボディゆえかと思います。ボディサイドに付いたクリップは握りを邪魔しない絶妙なデザイン。しかもベルトに確りとささります。ベルトに挿した状態からリリースするのも簡単ですし、何よりフィンガーループのおかげでハンズフリーに近い指の動きが可能です。これまでのL字型ライトにはない多目的な使い方が出来、且つタクティカルな運用に耐えうる明るさと丈夫さを持った2AAライトです。

FIRST-LIGHT USA (ファーストライト) TORQ トルク 単三電池2本使用 LEDタクティカルライト