LEH7P1P-1
日動工業 (NICHIDO) LEH-7P1P-CH 充電式 LED ハンディライト 屋内用

本日ご紹介するアイテムは久々の登場!日動工業です。そうです、バズーカライトの日動工業です。

バズーカライトはさておき、こちらのLEH-7P1P-CHは日動工業の製品とは思えないくらい素晴らしく堅実なライトです。リチウムイオン充電池を使用した充電式のワークライトですが、搭載されているメインLEDは流行りのCOB(チップオンボード)LEDでございます。これまで砲弾型LEDやハイルーメンの表面実装形LEDを複数個載せてフロストカバー等で拡散させたものが一般的でしたが、超拡散系のワークライトの分野は間違いなくCOBに置き換わってくると思われます。その配光と視認性は抜群です。

LEH7P1P-2
全くと言ってムラの無い蛍光灯に迫る拡散光。しかも放熱に優れ長時間の点灯が可能です。ライト自体はシリコンゴムカバーで覆われておりますが、COBの効率的な放熱により熱による電力のロスを最小限にとどめております。ディフューザーやフロストカバーなど無くてもこれだけ拡散できるのはやはり驚きです。

LEH7P1P-3
もし分け程度に先端に砲弾型LEDが7灯付きます。一応ちょっと遠くも照らせますよ、、、という呈です。

LEH7P1P-4
このワークライトが優れているのは充電式でモバイルなだけではございません。他にもいくつもございます。例えばこの2つの可倒式のフック。よく見かけるのはこれが1個のやつ。2個付いているとこのように並行に吊るすことが出来るのです、金網やパイプなに引っ掛けて使えばこの拡散光を効率的に使用可能です。

LEH7P1P-5
さらに!ライト底面に強力なマグネットを内蔵。鉄などにバチーンと貼り付けることが出来ます。しかも、基部は可動式で角度を自在に変えることが出来ます。例えばボンネットの裏に貼り付けて角度の調整も思いのままです。

LEH7P1P-6
こいつが何気に凄いところは24vでも充電が可能なところ。AC100Vと12/24Vのシガープラグが付属します。12Vはよく見かけますが、24Vは珍しいですね。トラックや特装車などでも充電が可能です。トラックドライバーの方には朗報かと思います。

LEH7P1P-8
明るさは210ルーメン。メイン光源に調光機能はありませんが、手元、足元作業では必要にして充分。しかもムラの無い広い配光なので目も疲れず、作業し易いかと思います。電源を取ることの出来ない暗所でも作業場として利用することが出来ます。

LEH7P1P-7
全長は255mm 充分にコンパクト。バトン型ライトと思えば標準的なサイズです。足元を広く照らすことが出来ますのでトーチとして懐中電灯のような使い方もOKです。室内であればこのワイド光は有効に働くと思います。

操作も簡単で汎用性の高いワークライトです。自動車のメンテナンスや出先でのトラブルなど作業場に1つあると便利なアイテムです。

日動工業 (NICHIDO) LEH-7P1P-CH 充電式 LED ハンディライト 屋内用