3RD-GEN-1
MAGLITE (マグライト) ML300L 2D 3rd Gen 単一電池2本使用 第三世代LEDライト
MAGLITE (マグライト) ML300L 3D 3rd Gen 単一電池3本使用 第三世代LEDライト

フラッシュライト界の巨人 アメリカンブランドのマグライト社から最新のモデルが入荷しました。
型番はML300L ラインアップは2タイプ 単一電池2本使用の2Dと3本使用の3Dがございます。どちらもML300Lなので紛らわしいですが、使用電池の本数の違いで2タイプございます。長さや明るさが異なる以外は同じ仕様でございます。

今回入荷したこの単一電池仕様のモデルはマグライトがLED化してから3世代目となります。これまでは電球モデルのLED化といった感じのモデルでしたが、この第三世代からすべてを一新しております。見た目こそ伝統の「デカマグ」の姿をしておりますが、ボディの全長や径も従来とは異なります。完全リニューアルしたML300Lについてご紹介いたします。

3RD-GEN-3
リニューアルした最大の特徴はスイッチとプログラミングモードが選択可能になった点です。ML300Lは計4タイプのプログラミングと各3パターンのモード切替が可能です。プログラミングはGENERAL(一般)、OUTDOOR(アウトドア)、LAW ENFORCEMENT(法執行官※警察等)、TACTICAL(タクティカル)の4タイプ。それぞれのプログラミングにあわせた最善のオペレーションが設定さえれております。実際に試してみると「なるほど」と納得できる操作感が味わえます。プログラミングモードの設定は以下の通り。

1.スイッチボタンを押しっぱなしにする。
2.スイッチを押したまま、テールキャップを緩めて消灯させる。
3.緩めた後に再度テールキャップを締め込む。
そのままスイッチボタンを押し続けると、しばらくしてLEDがゆっくりと点滅し始める。点滅回数がモードを表します。
4.1回:GENERAL 2回:OUTDOOR 3回:LAW ENFORCEMENT 4回:TACTICAL
任意の点滅回数のところでスイッチから指を離すとそのモードが固定されます。

少々煩雑なように思えますが、慣れるとさほど問題有りません。何より、1本のライトで様々なシーンに適した使用が出来るのが魅力です。

3RD-GEN-4
改善された部分があります。マグライトと言えばヘッドを回転さえることによりワイド-スポットの切替が無段階に出来るのが特徴ですが、ワイドにするとドーナッツ状の影が出来たり、配光にムラがあるなどデメリットもあしりました。今回のML300Lはヘッドの可動範囲はかなり狭められており、配光が崩れない範囲のみで調整が可能になっております。

3RD-GEN-5
また、サイズが全体的にコンパクトになっております。ヘッドのベゼル径は従来と変りませんが、2D、3Dともに短く細くなっております。握った感覚では従来のCセル(単二電池)モデルに近いものがあります。

よく見ていただくと分かりますが、スイッチも従来と異なります。従来型は「カチっ」と音の出るメカニカルスイッチでぷっくりと膨れたスイッチカバーでしたが、新型はフラットでスイッチカバーも小さくなっております。ML300Lは電子スイッチを採用。メカニカルのようにバネがヘタることも無く、シームレスな操作感が特徴です。先述の多彩なモード切替も電子スイッチを採用したからこそできるものだと思います。

3RD-GEN-6
テールキャップも変りました。まず、スプリングが短くなっております。従来型は電球モデルの頃の名残で交換球が入れられるスペースがあるためか、スプリングが長くなっておりますが、今回のモデルからそれがなくなりました。スプリングが短くなったことでテールキャップが締め易くなった一面もあります。
また、写真では分かり難いですがテールキャップ自体が細くなっております。試しに従来モデルにML300Lのキャップを付けようとしましたが全くサイズが違っていました。テールキャップに近い部分のボディ径は従来型が39.5mm、新型が38mm。ボディの厚みは一番薄いところで約1.2mm これは新旧変りませんのでバッテリースペースが縮小されたものと思われます。よりタイトめなバッテリースペースのようですが、特別電池が入れにくいなどの違和感はありませんでした。使用感に不足なく、細くすることが出来たのは手の小さな日本人の我々にとっては大きな改善点と言えます。

3RD-GEN-8

3RD-GEN-9
照射距離10mではあまり違いを感じませんね、、、実際は中心光の広さに違いがあるので距離が伸びれば実感するかと思いますが、どちらかと言えば、スポット系の照射パターンになると思います。次回紹介する時は屋外での照射もご紹介します。

明るさは2DがMAX524ルーメン、3Dが625ルーメンとなります。従来型で最も明るかった2D PROよりも圧倒的に明るくなっております。リフレクターが深いので遠方照射に優れている点は同じですが、やはり中心光の明るさは比較するまでも無くML300Lが明るいです。
3RD-GEN-7
細くコンパクトになってさらに明るくなったマグライト。従来のメカニカルスイッチに比べレスポンスの良い電子スイッチは操作性と用途の汎用性を格段に向上されております。ここまで大幅な変更をしてくるとは正直思いませんでした。外観のデザインはお馴染みのものですが、全くの別物に仕上がっております。マグライトは歴史のあるライトです。ですので、今でも電球タイプのライトを使っていらっしゃる方もいるでしょう。

マグライト自体、電球の交換をしていれば相当使えるライトですからね、見た目が似ているだけに、あまりの違いに昔ながらのマグライトユーザーは戸惑うかも知れません。いまさらですが、LEDが発明されていなければ今でも電球を普通に使っていたわけですから、LEDの登場は凄いものだったんだなぁ〜と改めて感じました。白熱電球のLED化からさらに進化したML300L マグライトの歴史に新たな一歩を記すアイテムです。

MAGLITE (マグライト) ML300L 2D 3rd Gen 単一電池2本使用 第三世代LEDライト
MAGLITE (マグライト) ML300L 3D 3rd Gen 単一電池3本使用 第三世代LEDライト