mt06-1
NITECORE (ナイトコア) MT06 単四電池2本使用 ペン型 LEDライト

NITECOREの製品が入荷してきております。
本日ご紹介するライトは新商品の一つ、ペン型ライトのMT06です。こちらのライトは単四電池2本使用のスリムでコンパクトなモデルです。サイズ感はまさにPEN。胸ポケットや肩ポケットに挿してちょうど良い長さと太さです。

mt06-3
スイッチはテールにあるクリック式スイッチ。半押しでの間欠点灯は出来ません。クリックするとLow 32ルーメンが点灯し、その後半押しするとHi 165ルーメンが点灯します。これを繰り返すことでLow→Hi→Low..と調光し、再度クリックすると消灯します。2段階調光というシンプルな操作性が特徴。ペンライトという使用頻度の多いライトはこれくらい簡単で良いと思います。

mt06-5
搭載LEDはCREE社のXQ-E。小さなヘッドに適合した小さなLEDをチョイスしております。リフレクターは鏡面仕上げ。ヘッドの直径の割には深く、照射時の中心光は近距離では割とハッキリと現れます。集光系のライトと言って差し支えありませんが、周辺光も充分に出ます。

mt06-6
電池の出し入れはヘッドを外して行います。クリップの脱着は出来ません。この手のライトにありがちなパチンっとボディに嵌めるクリップとは異なります。

mt06-4
このクリップですが、挿し易く、抜き易い形状をしております。「とりあえず付けました」的な感じではありません。それなりの拘りを感じます。ただ、ボディが細いライトになりますのでクリップ自体の強度はさほど期待できないと思いますけどね。通常使う分には気にならないレベルかと思います。

mt06-2
ボディには滑り止めのチェッカリングや溝はなくシンプルなデザインです。ボディは軽量アルミ合金にブラックHAが施されたもの。ボディは小さいですが、他のNITECORE製品となんら変わりないクオリティーを持っております。重量は電池抜きで約22g。他社製品と比べると平均的な数値ですが、軽いことに違いはありません。

mt06-7
Hiモード 165ルーメンの照射
やはりHiモードは短時間での使用が原則でしょう。常時点灯での長時間使用はおススメしません。ルーメン値はさほど高くないように見えますが、単四電池2本のペンライトで165ルーメンは放熱を考えると少々明るすぎるかな?とも思います。ですから、Lowモードスタートなんだと思いますが、ルーメン値重視のNITECOREらしさは良く出ていると思います。他所よりも1ルーメンでも明るくしてやろう!という気概は感じますが、比べてそこまでの違いはありませんよ。明るいペン型ライトの一つとしておススメです。

NITECORE (ナイトコア) MT06 単四電池2本使用 ペン型 LEDライト