CF450-1
BIGBLUE (ビックブルー) CF450 単四電池3本使用 LED 水中ライト

水中ライトのBIGBLUE (ビックブルー)の新商品 CF-450についてご紹介します。
CF450はCF250Mの後継モデルになります。型番にある数字の通り450ルーメンにアップしたモデルになります。搭載LEDがこれまでの小型のものから比較的大型のものに変わったことでヘッドの全長が長くなり、ズームレンズの可動範囲も大幅に増えました。とは言え、サイズ的には「M」になる前のCF-250よりは少し短いのでさほ長大化した感じはありません。むしろCF-250Mがいかにコンパクトであったかが分かります。

CF450-2
これまでのBIGBLUEユーザーであれば「あること」に気が付くと思います。これまでのモデルはブランドロゴが打刻されたもので、ボディの表面処理で覆われた地味なものでしたが、今回入荷したモデルからブランドロゴが白くなっております。「だから何?」っていわれるかも知れませんが、初期の頃から見ている私としてはとても新鮮です。やっぱりこっちの方がカッコいいですよね?

スイッチは従来どおりのマグネットスイッチ。独特の操作感ですが、逆手に握った状態では比較的扱いやすいスイッチです。

CF450-4
バッテリーケースはCF-250Mと同じ。単四電池3本入るカートリッジに入れて装填します。ボディ側のOリングはダブルOリング仕様。このサイズのクラスのライトではお目にかけないほど分厚いOリングが二つも付いております。地上とは比べ物にならない水圧のプレッシャーから電池を守る為の重要なアイテムです。

CF450-6
手の平だとこんな感じ。まぁ大きくは無いですね。ヘッドサイズはCF-250Mと共通。拡散玉も使えますし、ハンズフリーグローブも使えます。

CF450-7
CF-250Mとの大きさの比較。ボディの細い部分も同じなので水中カメラハウジングに付ける為のYSアダプターもCF250M用が使用可能です。

CF450-8
CF450はヘッドを回転させてズームレンズを調整します。ヘッドとボディを持って回すことでワイド、スポットの切り替えが無段階で出来ます。手前のCF250Mと比べると可動範囲が広いことが分かります。LEDが大きくなったので狭角7°を実現するにはこれくらいレンズを動かさなければならないようです。

CF450-9
暗闇に浮かぶ白い窓。相変わらずシュールです。最スポットの状態では四角い配光になります。水中はプランクトンやチリなどで見通しが悪く、集光された照射は状況によっては非常に有効です。

CF450-10
ワイド照射はフラットで均一な配光が得られますが、範囲自体はさほど広くありません。
水中撮影などで使用をご検討であれば、ディフューザーをつけたキットがおススメです。

全長が少し長くなりましたが使用上それが不自由に感じることは無く、重量も水中ではまったく意に介さない程度の差かと思います。明るくなっていくことはLEDライトの宿命でございます。地上で使用するライトとは一味違った面白さと、肉厚で堅牢なボディはライトの楽しみの幅を広げてくれるアイテムです。

そろそろ暖かくなってきましたのでダイビングをされるには良い季節ではありませんか?是非、CF-450をお試しください!

BIGBLUE (ビックブルー) CF450 単四電池3本使用 LED 水中ライト