WAYPOINT-NEW1
ストリームライト(STREAMLIGHT) WAYPOINT ウェイポイント

ストリームライトのハンディ投光器 ウェイポイントの明るさが一新されました。従来の210ルーメンから倍以上の550ルーメンにアップです。このところ更新の激しいストリームライト。今後も続々更新されるのでしょうか?

ウェイポイントについてご存知ない方に改めてご紹介していきたいと思います。
WAYPOINT-NEW2
この製品はガングリップタイプのライトになります。銃のトリガー部分がスイッチになっており、引き金を引くように点灯させます。スイッチはクリック式の常時点灯。Hi,Low,ストロボの3モードあり、左側のセレクターで変更可能。正に銃のような操作感が特徴です。

WAYPOINT-NEW5
確かにLEDが更新されております。幅広で深いリフレクターは健在。ボディサイズなどは従来型とほぼ同じ。LED以外に違いを見つけるのはなかなか難しいです。この幅広のリフレクターにより狭角な集光照射が可能になります。遠方や霧や煙の中への照射に有効。サーチ&レスキュー的な使われ方がベストなアイテムです。

WAYPOINT-NEW3
電池は単二電池4本使用。電池が入っていないとえらく軽く感じてしまいますが、電池を装填すると816gとなりそれなりに重たいです。

WAYPOINT-NEW4
もう一つの特徴がデュアルパワーサプライ。乾電池でも付属のシガープラグ型のパワーコードでも点灯します。シガーソケットプラグと聞くと「充電用」と勘違いされがちですが、そうではありません。DC121Vのパワーコードを挿すと内部の乾電池をキャンセルして車のバッテリーを電源として点灯します。車上より捜査、探索している間は電池を消耗せず、プラグを抜くと乾電池に切り替わります。なので、エンジンをかけて使用している間はほぼ点灯しっ放しで使用することが出来ます。非常に実用的でユニークな電源システムです。

WAYPOINT-NEW6
専用の収納ケースがつきます。といっても腰にぶら下げるようなホルスターではなく、車内などにネジで固定する為のものです。

WAYPOINT-NEW7
こちらは数年前に撮影した210ルーメンの頃のウェイポイントの屋外照射。210ルーメンでも非常に良く飛ぶライトでした。それが倍以上の550ルーメンとなるわけですから屋外照射がますます楽しみになりますね?というか、まだ試していないので分かりませんが、凄そうです。

三寒四温、桜も咲いて暖かくなってきましたので次回紹介する時は屋外照射したいと思います。
どうぞお楽しみに。

ストリームライト(STREAMLIGHT) WAYPOINT ウェイポイント