2BY-1
H2T 雷光四眼 二色 P60互換 ドロップインLEDモジュール

H2Tからまたユニークな製品がリリースされました。H2Tの雷光四眼シリーズの発展型であるこちらのモデルは全4灯あるLEDを各2灯に分け、一つのモジュールで2色の光を放つことが出来るドロップインモジュールになります。SUREFIRE社の6P及び9P系のパーソナルキセノンモデルに装着が可能です。

2BY-2
対でLEDの色が分かれます。プライマリーとセカンダリーに分けるとこんな感じです。テールスイッチのON/OFFを切り替えることでプライマリーとセカンダリーを交互に点灯させることが出来ます。ちょうどSUREFIREの6PXP2XのPROモデルで採用されているHi/Low切り替えに似た操作感。素早くサクサクと色を変えられるので非常に面白いです。

このLEDモジュールの目的は一つのモジュールで異なる色の光を発すことでマルチな使い方が出来るようにすること。白色光は全般的に使い易く、好みでニュートラルホワイトや電球色に変えられます。また、ナイトビジョンに優れた赤や、蛍光色に反応する青、野生動物には認識され難い緑など、用途やご希望に応じてカスタムオーダーが可能です。レギュラーモデルに比べ少々納期はかかりますがカラーを選ぶのもまた楽しいと思います。

2BY-8
至近距離では四角っぽい形の配光になりますが、照射距離が伸びるしたがって照射範囲は広がりフラッドな拡散光になります。しかし、リフレクターモデルのような芯の強い中心光は無いので遠くを照らすことがはできません。中近距離をムラ無く面で照らすような配光です。

2BY-4
750mA 白色系は200〜250ルーメン。色温度によって明るさが前後します。充分に明るく、連続点灯させても熱を持ちにくいのでランタイムにも優れると思います。明るさとランタイムのバランスの取れた設定です。

2BY-6
個人的にはこの赤は凄まじいと思います。凄い明るいのでナイトビジョンの効果は少し薄いかと思いますが(笑)、、、辺りを赤く染め上げる力に痺れました。500ルーメンクラスの白色光のライトに赤いフィルターを被せたものよりも遥かに明るいと思います。

2BY-7
屋内でも屋外でも試してみましたが、光の広がりは10m付近から顕著に広がり拡散光のライトとさほど変らない程度に広がります。4灯すべてが同時に光る四眼とはまた違った感じです。単に灯数が少ないのでその分暗くなるわけですが、バカみたいに明るく無い分、このくらいの距離であればむしろ見やすいと思います。

2BY-3
上記のように白色系とカラー系の組み合わせだけでなく、CW&WWやNW&高演色、RED&BLUE、GREEN&WWなど、組み合わせは多岐にわたります。色を変えるためにダイヤルを回したり、フィルターを上げ下げするような手間は要りません。瞬時に指一本でパッと切り替えられる操作性も魅力の一つです。価格は通常のモデルよりも高価ではありますが、一粒で二度美味しい雷光四眼二色は本当に面白いカスタムモジュールです。貴方はどの色の組み合わせを楽しみますか?

H2T 雷光四眼 二色 P60互換 ドロップインLEDモジュール