BAMI-1
秋が深まる今日この頃。風邪などひいておりまんか?
先週末、いつもの遺跡にてH2T等のデモンストレーションを行ってきました。いつもより多めの参加者です。森を抜け、切り立った石壁の向こうにそれはあります。雰囲気を盛り上げる為にH2T 雷光三眼多色の赤を使用。見え難い?何をおっしゃる、何事も雰囲気は大事です、雰囲気が。

BAMI-2

BAMI-3
見目麗しき石仏のご尊顔。同じく雷光三眼多色の青と別のライトの白を当てて石仏をライトアップ。何本も様々な色の光の出るのライトを持っていったり、フィルターを交換することも無く、片手でパッと様々な色の照射が出来る訳ですから、「多色」ならではの面白さがあります。まぁ、こういう使い方も滅多に無いことではありますがアウトドア撮影での新たな楽しみを発見した気分です。

BAMI-4
漆黒の闇の中、石仏を各々のライトで照らしてみる。

BAMI-5
続いて開けた場所に移動開始。森をさらに抜けると石切り場に出来ます。ここからの夜景はなかなかキレイです。空気が澄んできましたのでスカイツリーも薄っすらとですが見ることが出来ました。空気が澄んでいるとライトの光も冴え渡ります。

BAMI-6
非常に分かり難い写真で申し訳ありませんが、こちらはXP-Lに換装したSUREFIRE FURY。通常XM-Lが入っておりますが、XP-Lに変えられております。通常ヘッドが簡単に開くライトではありませんのでオーナーの「破壊許可」の下りたものになります。もちろん、SUREFIREの保証は失効したものになります。

BAMI-7
この冒険的カスタムの結果得られた明るさが上記のような感じです。ノーマルに比べ中心光が明るくなっております。具体的なルーメン値は不明ですが、中心光だけ見れば2割り増しかな?逆に言えばそれだけですが、配光は意外とキレイでノーマルのそれと比べて違和感のないものでした。これはこれで全然アリですね。

本日はここまで!
明日はもっとイカレたカスタムライトの数々をご紹介します。どうぞお楽しみに。