AF24-1
A&F 24時間耐久 MTB CUP in サイクルスポーツセンターのご案内

例年11月の恒例イベントとなっておりますマウンテンバイクの24時間耐久レース A&F CUP 24H。今年もアカリセンターは協賛及び当日のブース展開を致します。昨年までは11月の第一週の週末に行われておりましたが、今年は11月29(土)、30(日)に行われます。場所はいつもどおり伊豆修善寺にありますサイクルスポーツセンターです。例年よりも遅めの開催となりイベントごとが重なる三連休を避けたことで参加者の方も多め!とのことです。今年も熱いレースになりそうで楽しみです。

こちらのイベントをご存知で無い方は昨年のレポートをご覧ください。

AF24-2
当日は弊社販売品のライトはもちろん、現地でしか手に入らない特価の掘り出し物まで様々なアイテムをご用意します。ライトを忘れてしまったり、電池が足りなくなっても出来うる限りご用意させていただきますので是非、アカリセンターブースに遊びに来てください。今年も日付が変るくらいまでは頑張りますよぉ〜。

さて、しばらくこの手のアイテムの取り扱いが薄く、お客様のご要望にお答えできておりませんでしたが、手軽で良さ気な商品が入りましたので併せてご紹介させていただきます。

AF24-3
BIKEGUY (バイクガイ) BIKE LIGHT HOLDER バイクライトホルダー
こちらは汎用のハンドルマウントのライトホルダーです。ホルダーのマウント部分はゴムで出来ております。構造は簡単で、ゴム製のマウントに2本あるベルクロを通してそれぞれハンドルとライトに巻きつけるといったものです。左右への首振り機能などは無く、非常にシンプルなものになります。しかし、シンプルゆえに壊れそうな部分も特に無く、また価格も抑えられているのが魅力です。

AF24-3
「あー、これでいいのか、、、」と思わせてくれる姿をしております。ゴム製のマウントは上下で径が異なっております。どちらがハンドル側とは明記されておりませんが、広いほうがハンドル側で細いほうがライト側になると思います。付属するベルクロテープもロングとショートとあり、それぞれ取り付けるライトやハンドル径に応じて使い分けます。装着可能なライトは単三電池2本くらいの長さのものまでとなります。つまり、あまり長くて重いライトは付けられません、と言うことです。

個人的にはヘルメットへの装着が望ましいと思います。スポーツバイク用のベンチレータの空いたヘルメットであれば工夫次第でハンディライトをヘルメットライトとして装着可能です。ちょうどチョンマゲみたいな姿になりますが、効果は絶大です。マウントベースはゴム製なのである程度変形しても問題なく付けられるので横方向に梁のあるヘルメットであれば装着は比較的容易かと思います。ハンドルに付けるよりは振動も少ないですからね。

こちらのアイテムも現地にもって行きますのでご興味のある方は現地にてご覧下さい。

それでは!今年もライド&キャンプをフルに楽しみましょう!現地でお会いできることを楽しみにしております。