NEO-1
LED LENSER(レッドレンザー) NEO 軽量・コンパクトLEDヘッドライト

LED LENSER から小型で使えるLEDヘッドライトが入荷しました。その名はNEO(ネオ)。新しいのNEOとネオンカラーのネオを掛けたものらしいです。ボディカラーは全部で5色、カラフルな蛍光色系のおしゃれな感じです。LED LENSER というと黒地のボディに赤の丸い意匠がイメージカラーですが、今回のNEOはスポーツユーザーをターゲットとしているのかポップなカラーリングを採用しております。パッケージデザインのシルエットもランナーですからね、プロフェッショナル志向のモデルとは異なり、よりライトでポップな感じです。

NEO-2
で、実際このライトはとてもライト(軽い)です。ボディはほぼすべて樹脂で出来ております。電池込みでも約88g 非常に軽量で装着感が軽く重さはあまり感じません。ヘッドバンドも細いので頭に装着していても「ヘッデン付けてます!」といった感覚が薄いです。遠目には「なんか頭にバンド巻いてる?」程度の代物です。

NEO-6
リフレクター式のヘッドライトの場合、どうしても丸く大きなリフレクターが目立ってしまいますが、NEOのそれは横長の四角いものになります。ここがこのライトの面白いところです。なぜかと言うと、この製品にはヘッドライトでは必須とも言える角度調整のチルト機能がありません。単純にチルト機能をオミットしたのではなく、その必要が無いのでチルト機能をつけていないのです。よく見ていただくなんとなく分かりますが、リフレクターの下部が上部よりも若干長く下に延びております。上方に行く光を下方へと集中させることにより自然とやや下向きの配光となります。余程おかしな位置に付けない限り、額の部分にライトユニットを配置すれば自然な配光が得られます。

NEO-7
メーカーの商品説明にもありますが16:9のワイド画面のように長方形のフラットな配光になります。リフレクター式ではありますが、かなり至近距離でもほとんど中心光は感じません。非常にフラットでワイドで自然な視野が得られます。ただ、遠くを照らすことは出来ません、まったく。人にもよりますが、歩いたり、ゆっくり走ったりする程度であれば十分な視野が得られる程度の明るさと照射距離です。明るさはMAX90ルーメン。決して暗くありません、むしろ眩しすぎず手元作業ではかなり良い感じだと思います。何よりこのワイドに広がる配光を暗闇でつけた時は驚きました。思わず目だけを左右に動かして配光の広さを確認してしまいます。

NEO-4
電池は単四乾電池3本使用。シリコン製のゴムカバーで覆われております。簡単ですが開けやすいですね。

NEO-5
バッテリーボックスにはリア表示灯である赤色LEDを装備。スイッチボタンを2回連続で押すと点滅します。後方へのアピールになります。何気にLED LENSERのロゴマークなんですよね。GENTOSのセーフティバンドマーカーなどと併用すればより有効かと思います。



NEO-8
メーカーのプロモーションビデオを見ても分かるようにナイトランでの使用がメイン。走っているときにチルト角が変ることもなく理にかなったデザインをしております。シンプルな操作性とスタイリッシュなカラーリング、女性に人気が出そうですね。ただ、チルト角が調整出来ないので足元を照らすには自らが下を見るなり、少し屈まなければなりません。上りは良いですが、下り基調が続く山道などでは少々つらいかも。また少し距離が離れるとたちまち照らせなくなるのでアウトドア系のヘッドライトの中でも高価な製品と比べるのは難しそうです。あくまでもアーバンユースのライトなヘッドライトであると思ってください。夜の公園を走るにはちょうど良さそうなアイテムです。

LED LENSER(レッドレンザー) NEO 軽量・コンパクトLEDヘッドライト